ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

だいだらぼっち

ことしも案山子の季節がやってきました。
田んぼの秋の風物詩です。

今年も「ゆいまーる」、「かかしまつり」に参加します。
ゆいまーるのかかしは、今年も藁と竹でつくります。

案山子つくりは、ネットかけのあとの午後に行いました。
(数日かけて作りました)

今年のかかしのイメージは、「だいだらぼっち」。
もののけ姫に出てくる「デイダラボッチ」です。

東日本の山々には、多くのだいだらぼっち伝説(伝承)が残っています。
だいだらぼっちが歩いた足跡が池になった。
頂上が平坦な山は、だいだらぼっちが腰掛けたなど。

d0112350_1327120.jpgd0112350_22263111.jpg


だいだらぼっちは、生と死を司る森の神。

映画「もののけ姫」のデイダラボッチは、シシ神の夜の姿。
山や木や水... 自然、いのち。

物語では、デイダラボッチが倒れ、その死により植物がまた現れてゆきました。
生と死。繰り返すいのち。

↓だいだらぼっちの手には、どんぐり、紅い柿の葉。  ↓白いキノコの生えた角。
d0112350_22403722.jpgd0112350_22412858.jpg

d0112350_22474153.jpg











「自然への畏敬」の念を
忘れずにいたいと思います。


d0112350_2351364.jpgd0112350_23523043.jpgクロニクル
(photo:左)
「ゆいまーるかかし」
2007 
"ゆいまーる君"

(photo:右)
「ゆいまーるかかし」
2008 
"風の又三郎"
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-09-13 16:43 | 「ゆいまーる」にておもうこと