ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

ヤマタノオロチ


ことしも案山子の季節がやってきました。
田んぼの秋の風物詩です。

今年も「ゆいまーる」、「かかしまつり」に参加しています。
ゆいまーるのかかしは、今年も藁と竹でつくります。

案山子つくりは、ネットかけのあとの午後に行いました。
まず、たくさんの藁のはかま取りをしました。
(制作日数3日で作りました)

今年のかかしのイメージは、「ヤマタノオロチ」。

今年は、猛暑のせいか?マムシの目撃情報が多いです。
というわけで、思いたった今年の案山子。
「ヘビ」は人にとって、怖い存在でもありますが、
それはまた畏怖の念を抱く、八百万の神のような存在でもあると感じます。
例えば、白蛇は豊穣をもたらす神としても有名です。

ヤマタノオロチ(八岐大蛇)は、日本神話にある伝説の生物です。

なにか、目にみえないものを思う、自然を尊ぶ気持ちは、
もちえていたいと思っています。

d0112350_22524249.jpg
藁を綯って作ります。
注連縄と同じ要領で、
太く長い縄を綯ってゆきます。

藁を継ぎながら、
綯いました。

d0112350_237641.jpg






八つの頭をもった
「ヤマタノオロチ」 完成♪

(本来は、八つの頭と八つの尾をもつ)


d0112350_2383936.jpg
目は、カラスザンショウの実。
舌は、小枝。

今年も
谷戸のすべての生きものと
実りに感謝して。



「ゆいまーるかかし」クロニクル
2007"ゆいまーる君"(photo:左)  2008"風の又三郎" (photo:右)d0112350_23154474.jpg
d0112350_23164222.jpg

2009"だいだらぼっち"
d0112350_23215820.jpg

わからんちんなものを作ると
ウワサ?のゆいまーる案山子でした ^_^
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-09-26 11:40 | 「ゆいまーる」にておもうこと