ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

3月15日:モニタリングポスト 横須賀    

今朝6時すぎに福島第一原発2号機の爆発がありました。
一時は、8217μSv/h(マイクロシーベルト)という値が出ました。
(よくニュースでいっている値は、
一年間に一般の人が浴びてもよいとされる放射線量1000μSv/h)

日本各地の放射線を計る機器での値は、
どこでも6時すぎから7時30分の間に上昇がみられています。
(その後も上昇傾向です)

関東での計測の値は、ニュースでいっている
μSv/h(マイクロシーベルト)ではなく、
nSv/h(ナノシーベルト)で、1000分の一(1000nSv/h=1μSv/h)なので、
同じ単位ではありません。

ですが、この値に変化が出ている、ということです。

先にアップした日野市のガイガーカウンタの他に、
横須賀市が米軍の原子力空母艦の配備に合わせて横須賀港他に置かれた
放射線のモニタリングポスト(計測器)が、
10分おきに値を発表しているサイトをリンクします。

横須賀原子力艦モニタリングセンター
横須賀港モニタリングポスト10分おきのデータ
  ※データはつながりにくいことがあります。

ここの値は、nGy/h(ナノグレイ毎時)という単位で、放射線量ではなく吸収線量。
通常の自然界からの放射線物質の線量は20~50nGy/h程度で、
100nGy/hを超えると館内警報レベル、とのことです。
(=0.1μSv/h(マイクロシーベルト))

今朝の5:10〜7:10までの間はその100nGy/hを越えました。
通常20nGy/hあたりだったのが、
その後ずっと現在40nGy/hあたりを示しています。(現在10:00)


個人的には、そんなに早く
福島からの影響で、値が変わるものなのかどうかということがわかりません。
(誰かお分かりになる方がいましたら、教えてください)

...
このモニタリングポストのひとつは家のすぐ近くにあります。
設置の知らせがあったとき、
こんなものを設置しなければならない状態になること事態ごめんだと思っていました
まさかこうして、チェックすることになるとは... という気分です。。。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-03-15 09:14 | 「ゆいまーる」からのお知らせ