ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

木霊(こだま)


今年の案山子まつり

今年作る案山子は、自然への畏怖、
そして人と自然との繋がりを意識するものにしたいと、ずっと思っていました。

東電原発事故という、
自然に対して、取り返しのつかないことをした人間に対して、
自然はただただ受けとめるしかなく、自然はどう思っているんだろうと思うと、
怒っている、悲しんでいる、哀れんでいるだろうと、私は感じます。

けれど、自然の営みは絶えずして、その営みのなかで、
人間の生み出した毒を浄化してくれるのもまた、
多くの生きものたちであることは、まぎれない事実であり、
目にみえないような小さな生きものたちから、大きな犠牲を払わされることになるのだろうと思います。
生きものたちには、何の罪もないのに。

今、「落葉は、土は、汚れているから」という言葉をよく聞きますが、
私はその言葉を使うことに躊躇します。
「汚したのは人間だ(汚れているのは人間だ)」ということを、
決して忘れてはいけないと思います。


ということで、
今年の案山子は、「木霊(こだま)」です。
木霊は、木の精霊。

木霊を思うとき、素敵な絵本があるので、ご紹介しますね。
「森の木」川端誠 (いいサイトがみつからなかったので、アマゾンで失礼)


d0112350_2144294.jpg
さて、
いつもゆるゆるなイメージを
私から伝えられる
ゆいまーるのみなさん。

今年は、なんとも手際良く、
案山子作りが進んでゆきました。
すごい、すごい。

なんと、今日一日で完成!


d0112350_225661.jpg
竹のまわりに藁をつけて、木を。
竹で作った
丸い球(地球)のなかに、
木霊がいます。


d0112350_2210894.jpg





風に揺れると
竹の風鈴の心地良い音がします。


d0112350_22132222.jpg
木霊の口は、大きなお口。


木霊。
副題は、
「民よ、森の声を聴け」 です。



恒例のゆいまーる案山子クロニクル

2007「ゆいまーる君」
d0112350_22185413.jpg2008「風の又三郎」
d0112350_22193220.jpg

2009「だいだらぼっち」  2010「ヤマタノオロチ」
d0112350_2220343.jpgd0112350_22224459.jpg
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-11 16:30 | 「ゆいまーる」にておもうこと