ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

2012年のはじまりに寄せて

d0112350_415247.jpg

2012年を迎えました。
あけましておめでとうございます。

田んぼは、朝早く行くと霜が下りていることも多くなり、
氷が張ったり、霜をうけた畦草がとても美しいです。


2011年は、3.11そして原発事故が起き、
田んぼ、そしてこの谷戸全体にも影響を様々に与えました。

そして、それは今も継続しています。
元旦の地震のあと、放射性セシウムの値は3月と同じ数値まで上がったという
情報があります。
収束宣言を出した政府やメディアは、セシウムの値が上がっても報道はされません。

d0112350_485677.jpg

ひざを地面について、足もとの小さな美しい畦草をみながら、
人として、自然に対して、
これからの未来を、どういう姿勢をみせるべきかを思います。
2012年のゆいまーるの活動をどうするかを思います。


3.11以降、たくさんの情報を集め、現状を判断し、
すすめてきた方針は、今も変わりません。
事態は「収束」しているとは思いません。

ですが、神奈川県の此処での状況判断として、
「農」の営みは続けてゆくべきと考えます。

小さな子どもも安心して参加できる方法をより考えてゆきたいと思います。
作業をすべて行うということが、参加ということではありません。
「ゆいまーる」は、「そこに在ること」を何より大切にしてきました。

これから先、何年もの間、この放射能の問題は立ち塞がるものになります。
今現在の状況を、今現在で一番安心な方法を取りながら、すすめたいと思います。

今年も、ゆいまーるとして考えるこの状況下での指針をぶれずに、
作業を行ってゆきたいと思います。
そして、行動ひとつひとつに
皆での共通の理解をきちんとすすめていきたいと思います。


自然は、この愚かな人間がしたことをどう受けとめているのでしょうか。
自然に寄り添い、ゆいまーるに集う人たちと寄り添い、日々ありたいと思います。

今年もよろしくお願い致します。

d0112350_4372121.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2012年の春より
田んぼを離れた「ゆいまーる」の子どもたち版といった想いで、
森のようちえん葉山「もりのわ」を立ち上げます。

「ゆいまーる」の想いをそのままに
またひとつ始めたいと思っています。

森のようちえん葉山「もりのわ」
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2012-01-06 20:59 | 「ゆいまーる」にておもうこと