ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

「稲刈り」に思うこと


d0112350_17543379.jpg

23番田んぼでの、はじめての稲刈りを迎えました。

ここ最近、例年思うことは、去年も書きましたが、
農というものは、そもそも「楽(らく)」ではないのです。
あそびでもなく、「仕事」「作業」として行うということの大切さです。

田植えから、ほぼ6ヶ月。
葉を伸ばし、花が咲き、実を結んで、この日を迎えた稲穂を、
片付けしごとではなく、ゆっくりと真摯に向き合いながら、稲刈りをしたい、
大げさにいうと、そんな面もちです。

私は、
舞岡公園は体験田ですが、農の所作として、
一人一人がしっかり作業を行うことは、大切なことだと考えています。

たいへんだからこそ、機械化がすすんだ現代の稲作のなかで、
今も、手仕事として残るこの田んぼの作業を、
「楽(らく)」ではなくとも「楽しみ」たい!
そんな気持ち。

今年も稲刈りをおえて、感じたことですが、
ゆいまーるの小さな田んぼは、一人が自給する分にはちょうどの広さで、
このくらいの大きさの田んぼであれば、一人で行える作業量としての動きは
まだまだいけるな、ということです。
そのなかに、集う人たちと、ゆったりしながら、たっぷりと作業をするというのは、
そこに、ひとりでは味わえない「楽しさ」「豊かさ」を届けてくれます。

今回、私は「結わき(まるく)」をしていましたが、
最後の方は手が痛くなりました。
でも、その痛みのなかには、「たいへんだったなあ」という実感と、
黙々と作業をするなかで得られる楽しさ、感謝があります。
作業をしていると、なんだか、ありがたみを感じてきます。
「食を得る」ということは、たいへんなことなのです。
田んぼは、やっぱり生きもの(稲も含めての生きもの)と自分が
つながることを実感する場所だなあと思います。
d0112350_1827436.jpg

稲刈りをおえ、不耕田であるこの23番田んぼは、
冬のあいだ生きものたちにかえします。
そのための準備は、ゆいまーるにとってはじめてのこと。
愉しみです。


と、その前に、2週間後の脱穀です。 (^_^)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2012-10-13 13:53 | 「ゆいまーる」にておもうこと