ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

田んぼの意味


d0112350_2165091.jpg代かき、田植えの5月
稲作の繁忙期であるこれからの時期は、
人のココロもおどります。
子どもたちが、どろんこになって
畦を歓声とともに駆けてゆきます。

ああ、いいなあ

みつめる大人たち。思わず笑みがこぼれます

舞岡公園の田んぼは、
その舞岡公園憲章にもあるように、自然とともに、人が生きる場所です。

d0112350_21201841.jpg生業としての田んぼではなく
自然を守ろうとする田んぼ

そんな田んぼの新しい価値観、価値。

私は、そこに、
人と人をつなぐ、
「結」としての田んぼの魅力を想います。

稲を育てる、身体を動かすこと、
一緒にその時間を過ごすことで芽生えるもの。
言葉より、その風景が何よりも雄弁にこころに語りかけるのです。

この世の中に、社会に いろんな人がいるということ。
そのことの素晴らしさを、私はこうして分かち合いたい。

知ることから何かが始まるのなら
それは教えられるのではなく、自らが気づき、その先を見いだしてゆきたい。

自分が此処にいることの意味 自分がいることで繋がってゆくいのちの環
自分を大切に思えるということ 
自分を大切にできることから、きっとすべてにつながってゆく。

ちいさなちいさな田んぼでも、
「かんじん」がたくさん育ってる。そんな「ゆいまーる」であれたらいい。

田んぼは稲を育てるためだけの場所ではありません。
たくさんの生き物と、人本来のココロを育む場所なのだと思います。


”舞岡公園憲章”

私たちは、横浜市の原風景である谷戸を愛する市民です。
舞岡公園は、水や土、それに人間をはじめとする、
生きとし生けるものの調和によって成り立ってきた谷戸の景観をとどめています。
この緑あふれる谷と丘を良好に維持保全し、ながく後世に引き継ぐことを目的として、
ここに憲章を定めます。

・私たちは、舞岡公園で自然と触れ合い、
 様々な生き物たちと共にあることを大切にします。
・私たちは、谷戸で引き継がれてきた文化や農体験を大切にします。
・私たちは舞岡公園を、市民の手作りによる、市民のための公園にします。

[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-05-30 16:05 | 「ゆいまーる」にておもうこと