ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

いつもそこに在ること。いつもここに居ること。

d0112350_2131411.jpg

とてもうれしかった瞬間がありました。
それは、
しょうがいのあるAくんが、かけ足で、田んぼに向かっていったこと。

うしろから歩いてゆく、私と、Aくんのお母さん。
かけって、遠く小さくなってゆくAくんの後ろ姿を、
「転ばないように」って、心のなかで思いながら。
ちょっとドキドキしながらも、私もお母さんも走って追いかけることはしません。

Aくんが「この場所がゆいまーるの田んぼだ」と、ちゃんとわかって、かけてゆく。

そんな小さな出来事が、こんなにも心をあたたかな気持ちにさせてくれる。
「かんじん」が此処にあると思う瞬間。

「ゆいまーる」の田んぼは、16番。
一年間ずっと変わらない。

「ゆいまーる」をやりたいと、舞岡公園の事務局にお願いをしたときに、
しょうがいのあるみんながいること、
そして毎回いろいろな人たちが来れるようにしたいという理由から、
田んぼの場所を、
小谷戸の里(事務所)に近いこと、お手洗いに近いこと、
休憩しやすい場所をとお願いしました。
事務局で、田んぼの配置を決めるとき、「ゆいまーる」を優先的に考慮してくれました。

いつもそこに在ること。

2008年度も、「ゆいまーる」は変わらず、16番田んぼになります。
積み重ねを大切にしたいと思います。

d0112350_294445.jpg

Aくんのかけっていったその先には、「ゆいまーる」の田んぼ。
そして、彼を迎える「ゆいまーる」のメンバーがいます。
彼のかけってきた様子は、メンバーのみんなの笑顔をさそいます。

Aくんは、去年の春、「ゆいまーる」を始めたとき、
1年ぶりくらいの私の顔をみるなり、ハイタッチで挨拶をしてくれました。
(ああ、あのときもとってもうれしかったなあ)

今では、私でなく、「ゆいまーる」のメンバーにハイタッチ。
そのことがうれしい。

いつもここに居ること。

同じ時を一緒に過ごす。
コミュニケーションがどんどんふえる。
ふえればふえるふだけ、笑顔がふえる。

そんな「ゆいまーる」でありたいと思います。


一年間の結びとして。
田んぼコミュニティ「ゆいまーる」 (ゆきんこ)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-03-31 15:09 | 「ゆいまーる」にておもうこと