ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:「ゆいまーる」趣意書( 1 )

「ゆいまーる」 始めます。


Rice field community
お米を食べると「元氣」になる!



田んぼコミュニティ 「ゆいまーる」


田植えから稲刈り、お餅つきまで...田んぼの四季を体感しませんか?
ニッポン人の主食「米」。どんな物語と経て、私たちの食卓にあるのでしょう。
稲を育てながら、「いのちを いただきます」を思って...
d0112350_23214858.jpg

田んぼは、人が創りだす湿地です。
湿地は、たくさんの生きものが棲みやすい場所。
田んぼは、いのちを育む場所なのです。

昔ながらの機械を使わない、農薬を使わない田んぼの作業は、人の手が必要です。
昔の人たちは、それぞれの農作業をみんなで手伝い合う「結い」の精神がありました。
沖縄の方言で「ゆいまーる」といいます。

“その人それぞれが、自分にできることをすればいい。たおやかに、あるがままに…”
「ゆいまーる」という言葉のなかに、そんな想いを抱いています。


         

今、この日本で、地球で、様々な問題が起こっています。
例えば、大量生産、大量消費。便利で豊かな暮らしといわれる現代社会。
例えば、森林伐採、地球温暖化、飢餓、戦争…  
その問題を、自分と環境(人や自然)を、「関係ナイヨ」と切り離さないということ。
自分が大切にされること、自分のまわりを大切にすることから、始まるのだと感じます。
例えば、田んぼに生きる生きものを深く知ったら、水の大切さを考えるでしょう。
それは、自分の暮らしが自然に繋がっているという実感から。
例えば、田んぼでいろいろな人との出逢いをしたら、
自分と他者という存在に、思いを巡らせることにもなるでしょう。
それは、しょうがいのある人・ない人と、分ける必要のない社会を思うきっかけに
なるかもしれません。
自分が大切にできることを軸に、その想いをいろいろにシフトさせていけたなら、
今ある暮らしが、またひとつ、またひとつ
そこから広がる世界にも、「ほんとうのしあわせ」がふえてゆく気がするのです。
そんな希望を、こころのなかに…「ゆいまーる」 始めませんか?

                           2007年2月
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-03-04 23:15 | 「ゆいまーる」趣意書