ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

炊き出し


d0112350_21205544.jpg炊き出しです。
かまどに火を起こします。
火のつけ方、薪の並べ方、焼べ方

空気が通るように、
火の量を保ちながら
燃やす素材を適所に選んで。

d0112350_21402372.jpg昨日から水に浸した餅米を、
ふきんを敷いたせいろに入れてふかします
約40分

d0112350_21411649.jpg





途中で、せいろをかまどからおろして
「水打ち」
お米を洗うように、ジャブジャブ水をかけます

お餅のときは、そのまま。 おむすびのときは、水打ち。

d0112350_2222934.jpgふたたび
かまどをせいろに。
20分。

d0112350_22302383.jpg






炊きあがり。おいしそうなごはんの香り。

お米の固さはちょうどよかったです。
舞岡レシピでは、さいしょ20分、あと20分だそうです。

おむすび にぎにぎ 
d0112350_22252847.jpgd0112350_2225438.jpg

出来ました〜。 でわ、田んぼの恵み みんなでいただきます♪

d0112350_22343147.jpgd0112350_22265553.jpg
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-06-09 12:19 | 「現在」の田んぼ

6月の作業 「田の草とり、畦の草刈り」


d0112350_20383922.jpg稲のまわりに生えてくる草を抜きます
草を泥のなかに沈めることで、
また生えてくるのを防ぐ作業です

また、
泥のなかを手でかき混ぜることで、
泥のなかに酸素が入り、
稲の成長を助けてくれます。

草はまだあまり生えていないようでした。苗の様子をみながら、補植も行いました。

d0112350_20542380.jpg藻が生えているので、
網ですくって取り除きます。

藻は、酸素を作り出し、
虫のゴハンにもなり、草が生えるのを抑え、
水を温かくもしてくれます。

いい面も多いのですが、多く生えてしまうと、
稲の成長をさまたげもしてしまいます。

繁殖力があるので、取り除くことにしました。
来月も、田の草とり。草もたくさん生えていることでしょう。

作業のあとは、炊き出しごはんです♪
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-06-09 11:29 | 「現在」の田んぼ

第4回目 6月の作業は、「田の草とり、畦の草刈り」です


第4回目 6月の作業は、「田の草とり、畦の草刈り」です

d0112350_20252671.jpg稲のまわりに生えてくる草を抜きます。
草を泥のなかに沈めることで、
また生えてくるのを防ぐ作業です

作業日程は、

6月9日土曜日
9時30分から12時です



苗の植えられた水田。苗が風に揺れ、水面に白い雲が映る。
そんな風景がひろがっています。

今回は、作業と同時進行で、「炊き出し」を行います。
かまどを焚いて、おにぎりと、舞岡公園産お野菜を使った鍋、通称「谷戸鍋」を作ります。
お昼ごはん、お楽しみに♪

「炊き出し」の関係で、いつもより30分早いスタートになります。
時間が可能な方は9時30分からどうぞ。
お気をつけて、気張らず、お越し下さい。お待ちしています。


「田の草とり」について、詳しくは、「田の草とり、草刈り」 土の会white 2006.6


※「ゆいまーる」会員ではない方で、このHPをご覧になりご参加希望の方は、
  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までご連絡下さい(6月6日まで)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-06-01 20:22 | 田んぼの作業日程のお知らせ