ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第7回 10月の作業その1は、「稲刈り」です

第7回 10月の作業その1は、「稲刈り」です。
いよいよの稲刈りです!

d0112350_18141635.jpg稲をのこぎり鎌で刈ります。
そして、刈った稲束を稲架掛けする作業です。

作業日程は、

10月6日土曜日
10時から12時です



d0112350_1835332.jpgいままで、ゆいまーる田にご参加くださった方々
いよいよの稔りの作業を、ぜひご一緒に♪


秋を感じる冷たい雨の降る日も
「ゆいまーる君かかし」 がんばって立っています。
逢いに来てね♪

10月は稲刈りをして
稲架に掛けて、天日干しの後、
脱穀の作業があります(10月20日)。
昔ながらの機械を使った脱穀です。


※稲刈りは、雨天「かなり決行」となります。
 天候が気になる日には、雨カッパのご準備を。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-09-29 18:21 | 田んぼの作業日程のお知らせ

台風一過 〜ゆいまーるくん案山子ができました。〜

6日、台風9号がやってきました。
舞岡の田んぼも、稲が倒れぎみになったりの影響はありましたが、
手を入れるまでではありませんでした。
「ゆいまーる」の田んぼも無事でした。ご安心を。
少々斜めの稲もありますが、今後の稲自身の力におまかせしましょう。
営農田んぼとは違い、手植えで、あまり密集しない植え方、
そして三方を山に囲まれた谷戸ならではの環境が幸いしたのかなと思います。

d0112350_0463081.jpgd0112350_04713.jpg

d0112350_0534249.jpgさて、
ゆいまーるかかし部ですが、
1日から、作り始めました(放課後練習?)。

先の記述にもありましたが、
舞岡かかしルールにのっとり、
私たちの案山子は、
藁と竹で作るシンプルな案山子です。

d0112350_059742.jpg




イメージは、
田んぼコミュニティ「ゆいまーる」のシンボル
「ゆいまーる君」です。 →

d0112350_12784.jpg
制作途中でしたので、
9日に、仕上げ(自主練!?)を行いました。

土の人「ゆいまーる君」は、
手が環を描き、その先が稲穂になっています。
稲もトンボもカエルもそして人も、
すべていのちの環のなかに...
そんなメッセージを込めています。

私の大好きな作家さんに頼んで
制作していただいたものです。

d0112350_16462.jpg
ゆいまーる君かかしは、
竹で枠組を、藁でからだの部分を作ってあります。
胴体の部分は藁を束ねて、手ないの藁紐で結びました。
竹の節の目と、公園内で拾った小枝を広い鼻や口。

手の先の稲穂の部分は、
トウモロコシの茎&雄花です。

さあ、
舞岡公園の田んぼには、たくさんの案山子がせいぞろい。
大人も子どもも、奮闘して作っているのが、オモシロイ。

d0112350_118715.jpgアフリカンのような、
ぬーっと出てきた、田んぼの主みたいな

ゆいまーる君かかし の完成です!!
(^_^)/ わーい♪

かかし部のみなさん
お疲れさまー。どうもありがとう。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-09-09 16:43 | 「現在」の田んぼ

かかし部

舞岡公園では、毎年「かかしまつり」を行っています。
田んぼに、よりどりみどりのかかしが立てられる、秋の風物詩です。

d0112350_11462938.jpg
「ゆいまーる」も、初参加することにしました♪
炊き出しのあと、かかしづくりをしました。

舞岡かかしルールは、藁や竹など、自然素材を使うこと。
ビニールや、缶などは不可。
一年毎の経験、積み重ねでの
舞岡らしい細やかな規定があります。

大の大人が、かかしづくりに奮闘する姿、
スズメがほんとうに逃げるのか!?は置いといて...
自分でも可笑しくなっちゃう、愉しい作業です。


「ゆいまーる かかし部」は、今日は部員6名、顧問4名(笑)。
制作途中なので、もったいないので様子は後でここにアップすることにします(笑)。
できあがりをお楽しみに♪
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-09-01 15:36 | 「現在」の田んぼ

炊き出し2

「ゆいまーる」今年度2回目の炊き出しです。

かまどで、ごはん(おこわ)と谷戸鍋を作ります
炊き出し娘ががんばります♪

d0112350_1144879.jpgd0112350_115270.jpg

炊飯ジャーのスイッチを押すのではなく、薪を焚いて炊くこと。
火を扱うことも、自然の理の知恵がいっぱいです。

d0112350_1193142.jpgd0112350_1194520.jpg

ここで穫れたお米をいただくということ。
私たちが育ててきたお米です。(注:昨年のお米です)
とても心豊かなことだと思います。

d0112350_11122588.jpg
出来ました!

塩おむすび
おいしいね。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-09-01 13:15 | 「現在」の田んぼ

秋の女王

ネットの上に、ウバキトンボ(薄羽黄トンボ)が飛び交っています。
思わずみとれてしまう美しい風景。
「瑞穂の国、秋津島」ですね。(注:秋津=赤とんぼのこと)

d0112350_11173731.jpgネットをかけるとやってくるのが、
この「秋の女王」
ジョロウグモ(女郎蜘蛛)です。

赤いラインは成熟したメスのしるし。
小さなオスがそっと近くに居候しています。

トンボや大きくなったカマキリなどを
ねらっています。

田んぼには、クモは大切な存在。
何種類ものクモを一年通してみることができます。
いのちの環を、そしていのちを繋ぐことの厳しさを感じます。

この「秋の女王」をみると、秋のはじまりを思います。
毎年、同じように巡る季節、こうして実るしあわせをしみじみと感じます。


ジョロウグモについて詳しくは...
土の会ブログ
「蜘蛛の糸」2006.10
「charlieさんのクモのはなし 〜 秋の女王 〜」2005.9
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-09-01 13:02 | 「ゆいまーる」の生きものたち

9月の作業「水抜き、畦の草刈り」

d0112350_10483414.jpg8月、小さな白い花を咲かせた稲は、
めざましい成長をみせ、
9月、たわわに実った稲穂となりました。

d0112350_1050211.jpg






実るほど頭を垂れる稲穂かな

d0112350_1052103.jpg
鍬で泥を掘って
水を抜く道をつくります

これから先は、水を減らしてゆくことで
稲は登熟向上してゆき
デンプンが蓄えられ、
おいしいお米になってゆきます

d0112350_10572726.jpg


あと40日。
次回は、いよいよの稲刈りです!
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-09-01 12:46 | 「現在」の田んぼ