ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

田んぼの意味 その2


今回の「ゆいまーる」の脱穀作業は、古民家の前で行いました。
なんだかいい風景です♪

d0112350_21531183.jpg5月に
「人と人をつなぐ、
「結」としての田んぼの魅力を想います」...と、
「田んぼの意味」2007.5.30 に記しましたが、

手作業での脱穀の作業は、
人がおおぜい関わることでできるということを
近くで感じることが多い作業です。

稲穂をはずしたお米の周りに集まり、
ほんとに細かい作業なのです。た〜いへん!

今回の作業には、しょうがいのあるといわれるメンバーも参加してくれました。
農作業のおもしろいところは、誰にでもできることが作業がある、ということです。
そして、この作業は難しいかな...?と思われる作業でも、
隣で見守る、手を添えることで「できるよ!」と、
みんながみんなおんなじ作業を体験してみようとする素地が、
舞岡の田んぼに参加する人たちのなかに受け継がれています。

だから、しょうがいのあるといわれるみんなに対しても、
隣にいる人は、いわゆる「援助者」ではありません。
一緒に、その作業をその時間を愉しんでいる人です。

私が「援助者」であったというプロの視点であえていうなら、
いちばん大切なことは、その人なりに伝わる言葉(言語に限らない)をえらぶということ。


d0112350_0234853.jpg
こんなふうにみんなで、お米の周りに集まって、
ワイワイやるような作業のなかには、
みなさんのやりとりは自然とふえるものです。

隣にいる人に伝わるように伝え方を考えたり、
協力して作業しやすいようにしたりと、
自然とそんなふうになってゆくものです。

それは、上記に書いた「いちばん大切なこと」は、
じつは、協同作業には自然と必要になってくるもので、
しょうがいの有無に関わらず大切なことなのだと思うのです。

自分と他者(人であり、環境(生きものや植物など)であり)という存在に
思いを巡らせること。
人と人との接点にしあわせがある。
私はそんなふうに感じていて、
なにより、私にそれを教えてくれたのが、
しょうがいのあるといわれるみんなであり、田んぼのなかにあったという想いがあります。

「ゆいまーる」を"田んぼコミュニティ"とうたっているのは、そういった意味からです。


いろんな人たち、いろんな世代が集まれるということも、おもしろいなあと思います。
みんなでシートの上で食べるお弁当の時間には、
若い世代が知らない、体験などの話も出たりして、
それは驚きであるとともに、有意義な時間でもありました。

なにかとなにかを分かつことのない社会を。
ちいさなちいさな田んぼでも、
「かんじん」がたくさん育ってる。そんな「ゆいまーる」であれたらいいな。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-31 21:54 | 「ゆいまーる」にておもうこと

収穫考


「ゆいまーる」今年の収穫量は、籾の状態で22.8キロとなりました。(面積66㎡=20坪)
 ※昔の単位では、「一坪」は一人が一日に食べるお米がとれる面積。(一坪=約3.3㎡)
  (昔より現代の方が3倍以上収量が良いそうです。)

d0112350_21217100.jpg
その量は、稲刈りのときに数えたとおり、
4本植えの870株の苗が、1株25本ほどになり、
1つの穂(1本)に 50粒強だったので、
(他の田んぼより少ないです。
舞岡の平均は100粒くらい。農家さんは120粒くらい)

50×25×870=1087500粒

22.8キロは、
100万粒のお米の重さです。


舞岡のお米は、みんなが活用できるようにとの理由から、餅米ですが、
お茶碗一杯で考えてみると、
お茶碗一杯=約2000粒として、(こんもりのご飯は3000粒)

1087500÷2000=543.75杯 のお米ということになります。

一日2食お米を食べるとして、一人で9ヶ月分のお米の量となります。
一年分には少し足らないということになります。
四人家族としたら2ヶ月分とちょっとというくらいでしょうか。

重さから考えれば、
精米をしたら、籾殻がとれ、糠がとれ、66%くらいの重さになります。(舞岡調べ)
なので、食べられる量は、約15キロほどになります。

ちなみに収穫したお米は、たぶん来年の炊き出し(3回かな、4回かな ♪)で、
お餅つきをしたり、おむすびにしたり。
残りは、収穫祭などで市民のみなさんに振る舞われます。
公園での、里山を守るための稲作は、地産地消。お米も公園の外には出ません。

d0112350_2132552.jpg
ひとりの日本人が、
一年食べるお米をつくるには、
どのくらいの土地が必要であるのか。
ゆいまーるの田んぼでは、
すこし足りないということになります。

みなさんの食卓ではどうなるでしょうか...?


1億人以上の人が住むニッポン。日本の食料自給率。お米は100%です。
田んぼの風景はどんどん少なくなっているけれど、
自給できる田んぼの面積が日本にはまだあるということです。

昔の日本人は、今の2.5倍のお米を食べたそうです。
現代は、主食中心からおかず中心となり、麺類など他を主食とすることもふえています。
お米の需要が少なくなったことも、
田んぼが減っても自給率が保たれていることの理由といえるのでしょう。

値段もありますね。
ゆいまーる田んぼで15キロのお米とすると、ン千円の値段。
農家さんが生活をしてゆくには、どれだけの広さが必要なのでしょう。
広さが必要=機械化 そして農薬の使用...止むに止まれぬ流れなのかもしれません。

そして、
毎日食べている食料のほとんどを外国からの輸入に頼り、
しかも、輸入した食料の1/3をそのまま食べ残し=捨てているという現実。
きっとお米だって、たくさん食べ残されているはずです。

先日の NHKスペシャル「ライスショック」 では、
お米を輸入する動きなど、新たな問題が取り上げられていました。

多くの国で、日本のために食糧が作られている。(他全体の日本の食料自給率は約40%)
それを作っている人は、安い賃金で地主に雇われ、重労働をしている。
その人たちの多くの人たちはその作物を食べることはできない...
お米も、そのひとつの作物ということになってしまうのでしょうか...?


d0112350_0492848.jpgこれからの日本はどうなってゆくのだろう。
日本人の主食。私たちの主食。

田んぼで汗し、自らの食について考えることも、
田んぼの作業の、
大きな意味のひとつだと感じます。

ひと粒、ひと粒。もったいなくて、拾う。
お茶碗一杯の尊さを思うこと。


機械ではない、人の手による小さな田んぼ、里山の田んぼは、
ひと粒のお米の種が100粒の実りとなる植物の、いのちの恩恵を、
いのちの繋がりを感じる田んぼです。
「(いのちを)いただきます」の意味を、ひとりひとりが、もっとイメージする世界を。

d0112350_22425112.jpg
できれば自給したいなあ...
他からのシステムばかりに頼らず、
自分に繋がることは自分でできる力を。

これからの日本を自分はどうしたいだろう。
まずは、自分にできることから。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-22 18:42 | 「ゆいまーる」にておもうこと

谷戸観察ウォーク 〜ゆいまーる版〜

舞岡公園小谷戸の里では、
毎月定例の自然観察会が行われています。

9月のガイドを、「谷戸観察ウォーク」と題して行ったので、
今回は、「谷戸観察ウォーク 〜ゆいまーる版〜」として行いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10月20日という日
24日は、暦では、「霜降(そうこう)」
23日は、十三夜。後の月。栗名月。

秋の夜長の虫の声
虫の声を心地よいと感じたり、お月見をする風習は日本だけです

では、秋の谷戸にでかけましょう。

 主園路 

「秋は実りの季節」 〜植生、実とその実のかたち〜

d0112350_19363762.jpg「ヌスビトハギ(マメ科)」

泥棒(盗人)が足音がしないように
足の裏を外側を使って歩く足跡に
豆果が似ていることから


d0112350_19412351.jpg


先端がかぎ針のようになっていて、
動物にくっついて
種を運んでもらえるようになっています
「くっつき虫」の実

「キンミズヒキ」(バラ科)の実

d0112350_19444359.jpg
「アメリカセンダングサ」

主園路(通路)には、ひっつき虫。
人が運んでくれる。
植物の知恵

〜草刈りと保全草刈りのちがい〜

d0112350_19463858.jpg園路沿いは、きれいな花が咲く植物など、
残したい植物を見分けながら
草刈りをしています。
手間のかかる丁寧な草刈りにより、
管理(保全管理)がされています。

背が高い草により植生が制限されてしまう植物も
草刈りをすることで、成長することができます。
植物の種類もふえてきます。


 長久保の里(七草の里) 

d0112350_19494357.jpg
保全草刈りをしながら、
草花を大切に保全管理しています。

秋の七草もここでみることができます

山上憶良が詠んだ歌(万葉集)
「萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなえし また藤袴 朝顔が花」

↓ハギ(萩)の花                ↓尾花(おばな)はススキ 馬の尾っぽ
d0112350_195538100.jpgd0112350_19544886.jpg

d0112350_2013146.jpg女郎花(オミナエシ)は黄色い花  
オミナ=美しい女性という意味

藤袴(フジバカマ)は、
自生のものが少なくなっています。
(絶滅危惧種Ⅱ種)

←朝顔(キキョウのこと)

昔、慣れ親しまれてきたからこそ秋の七草といわれるのですが、
今では珍しくなってしまったものもあるのでした...

d0112350_2063689.jpg花が咲き終わった彼岸花(ヒガンバナ)
(photo/nanaoさんブログより

彼岸花は、花が咲き終わったあとに、冬に葉を茂らせます。
葉を茂らせるとき、太陽の光を十分に受けられるように
彼岸花は落葉樹(冬に葉が落ち陽射しが入る)の下に
生えています。そして葉を茂らせ、根に栄養を蓄えます。

彼岸花は、昔から里山で親しまれてきた植物です。
田んぼの畦に植えられたり、落葉樹という里山の環境にも
馴染み、人の暮らしのそばにある植物でした。
毒のある根(デンプン)もさらして食べられてきました。

それは、彼岸花という他にも、
曼珠沙華、赤花...と全国で1000以上の呼び名を持つことからも
里山と関わりの深い植物だとわかります。


 主園路から田んぼへ 

つる植物も実りの季節です。ヤマノイモ むかごがなっています

d0112350_20165124.jpgほっそりハート型の葉っぱがヤマノイモ。
ぷっくりハート型の葉っぱはオニドコロ。

ヤマノイモは葉は対生、オニドコロは互生。

ヤマノイモはむかご、
そして根の部分(自然薯)でと、
ひとつではない繁殖の方法を持っています。
植物はそうしていのちを繋いでいるのです。


どんぐりもいろいろ。コナラ、ミズナラ...
コナラは、里山にはよくみられる木で、薪や炭の材料になります。

ドングリは乾燥に弱く、地面に落ちただけでは発芽がむずかしい。
けれど、リス、ネズミなどが食べるために運んで土に埋めて、
埋めた場所を忘れてしまうと、乾燥から守られ、芽が出すことができます。

生きものたちとドングリのつながりがあるんですね。

どんぐりは、狩猟採集の縄文時代の主食のひとつでした。
農耕がはじまり、米が主食の弥生時代に。
この階段を下りると田んぼです。


 田んぼ 

d0112350_20294399.jpg目立つ実がなっています。
鳥を呼ぶために派手な色遣いをしている
植物の知恵ですね。

花の匂い。葉っぱの匂いはどうですか?
ピーナツバターみたいな匂い、しませんか?
(「この匂いだめだ〜」という人もいました)

クサギ(臭木)という木です。

その名前の由来は、そのまま葉っぱの匂いが臭いということから。
だけど、花がとてもいい香りでしょう。
葉っぱの匂いも、感じ方はいろいろです。

最初から、「くさいから」というのではなく、自分で感じることが大切に思います。

d0112350_20361726.jpgクサギの葉っぱにカエルくん。

シュレーゲルアオガエル。
春に泡のたまごを田んぼにうみます。
田んぼで卵から孵り、オタマジャクシで育ち、
カエルになると山で暮らします。

田んぼがあり山があること
分断されない環境で、カエルは生きています。

d0112350_20522380.jpg
水路には、ミゾソバという植物。
この葉っぱ、何にみえますか?

私は、「にっこりキツネ」とよんでいます。
ミゾソバの別名はその葉っぱのかたちから
「ウシノヒタイ」とも呼ばれます。

自分で名前をつけてあげるのも愉しいですね。


秋の田んぼにいるクモ ナガコガネとジョロウグモ
”秋の女王” ジョロウグモ(女郎蜘蛛)

d0112350_211519.jpgジョロウグモの巣は、3層になっていて、
前方にエサなどが残る網、
真ん中にジョロウグモのメスの大きな網、
後方に小さなカラダのオスのいる網になっている

縦糸が粘り気がなく、横糸が粘り気があり
虫がからみつくようになっています。
そこで、かかった虫を食べ、
食べ残しを前方の網に運ぶのだそうです。

オスは、大きなメスに食べられないように、
じっと居候をして、メスが成体となって恋の季節を待っています。

d0112350_21155955.jpg
ナガコガネは「稲牛若」と呼ばれています

網にふれると
クモは、網を揺らして威嚇をします。

田んぼには一年を通じていろいろなクモがいます。
クモは稲の害虫を食べてくれる益虫です。
弥生時代の銅鐸にはクモの絵が描かれているそうです。
クモは作物を荒らす虫を押さえてくれる存在、
という認識が古くからあったのだろうということですね。


田んぼの脇には、セイタカアワダチソウが黄色い花を咲かせています。
セイタカアワダチソウは外来種。
地下部からアレロパシー物質を分泌し、他の植物を抑制し、群落をつくる。
ですが、やがて、自分もその物質により枯れてしまう。
以前は花粉症の原因といわれたこともありますが、
セイタカアワダチソウは、風媒花ではなく虫媒花。花粉症の原因ではありません。

田んぼのネットをおさえるのに、セイタカアワダチソウの茎を使いました。
そうして、外来種を積極的に利用しています。

 畦道 

d0112350_2124505.jpg田んぼの側にはハンノキが植えられています。
昔、ハンノキは枝打ちをしてまっすぐ育て、
2本のハンノキに竹を渡し、
稲架掛け(はざかけ)に利用していました。

今は、稲架掛けには利用していませんが、
きれいな緑色のミドリシジミが集まる木として
大切にしています(食木:花に集まる)

多様な植物があるということは、
多様な生きものが生息できるということです。


 畦道から谷戸を望む 

〜田んぼの機能」〜

d0112350_21285135.jpg三方を山に囲まれている里山(谷戸)

奥の山で水が沸き、ため池があり、
そこから水路を通って田んぼに水が流れています
水は日に当たりあたためられながら、
下手の田んぼへ。
緩やかな棚田になっています。


青田の頃には、涼しい風が吹き渡り、町と比べると2℃低くなります。
”天然のクーラー”

水は、田んぼの一枚一枚蓄えられています。
”天然のダム"

そして、
機械、農薬を用いない昔ながらの田んぼ  たくさんの生きものを育む
"いのちのにぎわい(生物多様性)”

その風景に心が和んだり、たくさんの人が集う
"人と人とを結ぶ(コミュニケーション)の場としての田んぼ"

そんな、田んぼの機能の見直しと新しい価値観の創造

〜日本の里山文化〜

三方山に囲まれている谷戸。雑木林。その木々は、落葉樹です。
木々は、間伐をしたりして維持されています。
その間伐した木で、炭焼きをしたりして、
暮らしに利用している循環の暮らしが昔にはありました。

谷戸。
里山は、自然とともにある暮らし。
自然の遷移の流れのなかで、人の手によるかく乱(管理)をし、
自然エネルギーを様々な形で享受する暮らし。


ーおしまいー
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-20 17:21 | 「現在」の田んぼ

ゆいまーる案山子とおともだち その2

d0112350_17291279.jpgゆいまーるかかし君には、
いろんな生きものたちが集まってきています。
今日出会ったのは、
エンマさん。

「エンマコオロギ」
日本最大のコオロギ
コロコロリーと鳴きます。

d0112350_17303458.jpg
名前の由来は、
顔が閻魔(えんま)大王に似ていることから。

秋の里山。
虫たちの声に耳を澄ます秋です。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-20 14:28 | 「ゆいまーる」の生きものたち

10月の作業その2 「脱穀」


d0112350_21595962.jpgいよいよ稲架からはずした稲束たちは、
籾に包まれたお米粒になります。

d0112350_226055.jpg







「ゆいまーる」
はじめての実り
自然の恵みに感謝!

d0112350_0354495.jpg足踏み脱穀機の
ペダルをリズムよく踏んで、
稲束をしっかり持って、
先の稲をはずしていきます。
稲穂の先を向きを変えながらあてて、
引き込まれないようにするのがコツ。

d0112350_0451923.jpg



藁くずが舞わないように
ゴザをかけています

がらんがらんがらん...
大きな音がひびきわたります。

d0112350_0483432.jpg
脱穀機をかけたあとの
稲束にまだついている籾粒を
一粒一粒手でとってゆきます。

d0112350_1125624.jpg




ケースにたまった、稲穂(花序)。
藁もだいぶ混ざっています。
穂軸からはずれていないものなども、
手作業での脱穀、選別をします。

d0112350_051268.jpg
脱穀機をかけて、ケースにたまった
籾たちも、まだ穂軸や、藁が混ざっているので
ふるいにかけて選別してゆきます。

時間のかかる根気のいる作業です。
たくさんの人の手がいる作業です。
一粒一粒大切なお米です。


脱穀機をかけて、手作業で選別したものを
次は、唐簑(とうみ)という昔ながらの機械にかけます。
唐簑は、古い木製のものと、鉄製のものがあるのですが、
断然、使い込まれて丸みを帯びた木製のものが美しいです。
今回は鉄製のものを使いました。
構造を新しい鉄製の方が、木製の昔ながらの造りを受け継いでいるのが
なんだか微笑ましいです。
先人の知恵は素晴らしいです。 木製の唐簑については、コチラ→土の会2006.10「脱穀」

d0112350_0564774.jpg隙間を調節し、
籾が落ちる時にハンドルを回して
風を起こします。

弱すぎず 強すぎず

d0112350_16643.jpg




受けに入れて、落ちてゆく籾。
風の力で、
軽い米、重い米がわけられてゆきます。

↓選別されてたまってゆく籾           ↓風にとばされた藁や軽い実つかずの籾d0112350_19851.jpgd0112350_192462.jpg

d0112350_1213333.jpg
きれいに分けられたお米です。
ヤッター! 

d0112350_1221214.jpg





12キロずつ袋づめにします
ゆいまーるの2007の収穫量は、
22.8キロとなりました。(面積66㎡)

去年(2006)は、17.5キロだったそうなので、
去年よりも収量増となりました。(2005年は25.5キロ)


d0112350_055389.jpg
穂をはずした藁は、
はかま(葉の部分)をとって、
大事に保管。
わらじなど藁細工の材料にします。

d0112350_1362821.jpg







細かい藁は、
田んぼに入れて肥やしにします。

無駄なものはなにひとつありません。


実りの作業は、私たちにつながる食べものの大切さを、実感をもって想う作業です。
シートにこぼれていたりする、ひと粒ひと粒のお米も大切に集めます。

d0112350_145617.jpgだって、私たちが育てたお米だもの。

本来、食べものはどれも、
そんないのちの物語をもっている。

そのことを感謝を感じながら、
身近に思えていられるように
体感を大事にしてゆきたいと
「ゆいまーる」一年めを思うのでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参加してくれた方がご自身のブログにアップしてくれています♪
「ゆいまーるで脱穀体験」
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-20 13:57 | 「現在」の田んぼ

第8回 10月の作業その2は、「脱穀」です

第8回 10月の作業その2は、「脱穀」です。

d0112350_111174.jpg稲架にかけた稲穂、風に吹かれて乾いたら。
脱穀の時を迎えます。

作業日程は、

10月20日土曜日
10時から2時頃までです


足踏みの脱殼機と、唐簑(とうみ)という昔ながらの機械を使って行う、
手作業での脱穀です。
たくさんの人の手によってなされるワイワイ愉しい作業です。
フルってご参加下さい♪

脱穀作業は、時間がかかります。昼食をはさんでの作業になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脱穀の作業のあとに、舞岡公園の散策をしたいと思います。(4時頃まで)

先日、舞岡公園で月に1回行われている自然観察会で、
「谷戸観察ウォーク」と題して、ガイドをしました。

「ゆいまーる」ご参加のみなさんに、
田んぼの作業の他に、舞岡公園をゆっくり散策する機会をご一緒にと思います。


d0112350_1192795.jpg里山の暮らし、生きものや植物、
そしてそのつながりをテーマに、
秋を感じる観察会をしたいと思います。

「谷戸観察ウォーク ゆいまーる版」
10月20日土曜日 
脱穀作業のあと(1時間30分くらい)
ガイド:田んぼインタープリター ゆきんこ




*脱穀作業は、雨天中止です。参加者の方には連絡致します。
 脱穀作業中止の場合、自然観察会も延期となります。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-13 00:59 | 田んぼの作業日程のお知らせ

10月の作業その1 「稲刈り、稲架掛け」

金色の稲穂
ありがとうの稲刈りです。
d0112350_19343721.jpg

d0112350_222310.jpg1つの穂に50粒強
1株25本

4本植えの870株の苗です

50×25×870=1087500粒

ゆいまる田は、舞岡の他の田んぼに比べ
収量が少ないのが例年のようです。(他の6割)

d0112350_102284.jpg
ゆいまーる 100万粒のお米たち

自然の恵みを
私たちはいただいています。

ニッポン人の主食、米。
こうしてできています。

d0112350_014134.jpg
ザク ザクと、
ノコギリ鎌で稲を刈る音。
心地よい音と感触。

d0112350_018474.jpg




みなさん、もくもくと
稲束をまるいて(束ねて)いました。
稲束を稲架(はざ)に掛けてゆきます。

ゆいまーるくん案山子もみています。

d0112350_0213467.jpg稲架にもスズメよけのネットを掛けて
できました!

これから2週間、天日干しをして
お米は、追熟し、甘くなってゆきます。

d0112350_0243356.jpg




次の作業は脱穀です。
ひと粒ひと粒、大切に
細やかな作業です。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-06 12:37 | 「現在」の田んぼ

カマキリの生

稲刈りをしていると、稲穂にカマキリを発見。
オスとメス、交尾中です。

生きものには、必ず「ここにいる理由」があります。
私は、子どもたちに伝えるときに、食い気、色気、眠気と言っています。

カマキリにとって、秋の田んぼは、エサを捕まえる食い気の場。
そして、恋の場所(色気)の場所なのですね。

d0112350_112971.jpgカマキリの生態は、
調べてみると、スゴイのです。
オスは命がけです。

「カマキリは動いたものはすべてエサだと思う」
...から。

カマキリのスゴイ話は...
土の会white 2005.8「鎌切 カマキリ」参照。

カマキリがいのちを紡ぐということは、
そのいのちを捧げる(差し出す)ということとおなじ。
あんまりにもストイックな、残酷でもあるその術に、言葉が出ない自然の理でありました。

d0112350_114530.jpgd0112350_121396.jpg
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-06 11:10 | 「ゆいまーる」の生きものたち

ゆいまーる案山子とおともだち

d0112350_0494578.jpg
ゆいまーるくん案山子と、
本家「ゆいまーる君」の
ツーショットです。

ゆいまーるくん案山子は、藁と竹と木の枝でできています。
案山子くんに、生きものたちがあそびにきていました。

d0112350_0532722.jpg

トカゲがかくれんぼ

d0112350_0563255.jpg






イナゴもやってきました。
大きくなったね、イナゴ。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2007-10-06 11:05 | 「ゆいまーる」の生きものたち