ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ヘビ登場! その名は、ヤマカガシ 


オタマジャクシはカエルの子。
オタマジャクシが泳ぐ田んぼには、大人カエルも、姿はみせねどいるのです。

d0112350_045171.jpg
そこに... で、でたー!!!

スルスルスルーっと、
水面を素早く泳いでゆく姿。

「ヤマカガシ」
田んぼの食物連鎖の上位にランクインするヘビ。
(その上はコサギなどの鳥です)

d0112350_1708.jpg
ヤマカガシ
カエルを食べにやってくる

畦には「ヘビイチゴ」が実る頃。
カエルを探しにヘビがやってくるという
ことからその名がついたという
いわれもあるのだそうです。


d0112350_050471.jpg朱色と黒の独特のまだら模様。
毒ヘビでもあります。
(噛まれる毒、
首から尾にかけての皮下にある毒と、
2つの毒があります)

※前歯は無毒、奥歯で噛まれると毒が注入される

d0112350_052716.jpgびっくりどっきり、ヤマカガシ。

けれど、
ヤマカガシはカエルなどを食べて暮らす、
田んぼに縁のあるヘビです。
人に襲いかかってくるようなことはない
平和的に生きているヘビなのです。
(捕まえたりするとご用心)

ヘビはスルスル水面をわたり、
畦に上がってゆきました。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-05-18 11:34 | 「ゆいまーる」の生きものたち

シオカラトンボは恋の季節


水を張られた田んぼに、さっそくシオカラトンボがやってきました。
春、いちばんに田んぼにやってくるトンボです。
そして、恋の季節です。

青白い個体がオス、黄色い個体がメスです。
メスは通称ムギワラトンボとよばれています。

成熟したオスは、水場(田んぼ)のまわりをぐるぐる飛びまわり縄張りをつくります。
他のオスがそこに入ってこないように見張っています。

d0112350_1383858.jpg
ヤゴ(幼虫)は、田んぼで越冬し、
水が張られた春、活発に活動し始め、
羽化し、トンボになりました。


そうして、また田んぼで、
恋が実るときです。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-05-17 13:22 | 「ゆいまーる」の生きものたち

5月の作業その2「田植え」


d0112350_954338.jpg「ゆいまーる」田んぼの田植えの日
今日は、晴れの日。
田植えは、ハレの日。

d0112350_975156.jpg





水を抜いたら、泥の表面に、
とんぼに鉄の歯が7本ついた線引きで、
四方に線を引きます。きれいに引けました♪

d0112350_9154540.jpg植えるには、
等間隔に印のついたひもを
植えたら動かしてゆく方法と、
田んぼに直接線を引いてから
植えてゆく方法で、舞岡では行っています。

今年の田植えは、
線を引いて行う方法を選びました。

理由は後ほど...

苗代で、苗とり。100本苗をとって1束にします。

d0112350_916662.jpgd0112350_9194355.jpg

d0112350_923243.jpg
苗投げ。
手に持っている苗が、なくなったときに、
すぐ苗に手が届くように、
苗の束を投げ入れておきます。

d0112350_9275270.jpg



いよいよ田植えのはじまり〜。
線の交差するところに植えてゆきます。
今年のゆいまる田んぼでは、
3本植えを中心に、
1本植え、4本植えもやってみました。


66㎡のちいちゃな「ゆいまーる田」。
27.5cm×27.5cmの間隔で、横幅は20列。縦列は最長46列。
一番さいしょの列が1本植え。15株。
3本植えが、約460株。4本植えが、約270株。全体で、約750株。
約2500本の苗たち。

去年は、870株でした。
今年は、田んぼに温水がゆくように、水の道を作ったため、
植える範囲は、その分少なめになりました。

d0112350_9282167.jpgd0112350_9283463.jpg


さあ、毎日食べているお米の物語が今年も始まりました。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-05-17 12:42 | 「現在」の田んぼ

第3回目 5月の作業その2は、「田植え」です


5月の作業その2は、「田植え」です

d0112350_10311543.jpg苗代から苗とりをして
田植えをします

作業日程は、

5月17日土曜日
10時から12時です


d0112350_10332012.jpg
苗代から苗とりをして
田植えをします。

汚れてもよい服装で。
小雨決行です。

お気をつけて、気張らず、お越し下さい。
お待ちしています。


「ゆいまーる」 2度めの田植えです。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-05-15 10:26 | 田んぼの作業日程のお知らせ

とりさん、こちら♪


代かきをして、乾田から水田へ。
冬を田んぼで過ごした生きものたちは、畦にお引っ越し。

d0112350_248196.jpg
プカプカ水面に浮いて、
田んぼから畦へ。移動を急ぐオケラッタや、
いよいよ本格的な活動開始のザリガニや。

畦草刈りで、畦から田んぼに落っこちちゃった
クビキリギリスや。→

ちょっと慌てる生きものたちのようす。

d0112350_2451083.jpg
そこへさっそくやってきたのは、
カルガモ夫妻
(たぶん、手前がメス、奥がオスです)

慌てている生きものたちを
食べに来る生きもの。

d0112350_191736.jpg

田んぼ界の食物連鎖の頂点に立つ
(ヒト[Homo sapiens sapiens]以外で)
コサギくん

繁殖期(4月〜8月)なので、後頭部から、
ちょりんちょりん(冠羽)が2本あります。


ヒトの田んぼの作業を、ちゃんと生きものたちはみていて、
田んぼというヒトの活動(行為)に右往左往されもしながら、
「生」を受けついで、繋いで、繋がっているのだと、思うのでした。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-05-10 14:44 | 「ゆいまーる」の生きものたち

5月の作業その1 「代かき、畦ぬり」

d0112350_12381015.jpg台風が近づいてきている
どんより曇り空のなかでの作業になりました。

まずは、畦の草刈りから。

d0112350_12382945.jpg




木の棒で畦ののり面を叩いて、
冬のあいだできた、
モグラの通ってあいた穴や、
ザリガニの巣穴を埋めて水もれを防ぎます

木の棒から伝わる振動は、モグラにお知らせもしています

d0112350_12431622.jpg
代かきは、
水を張って田んぼの土をかき回し
田んぼの土に水と空気を送り込む作業です。

三本鍬で土の塊を崩しながら、
土を足で踏み込んで田んぼを歩き回ります。

"人間代かき"
だんだんやわらかくなってきました。

d0112350_12483268.jpg
畦ぬりができました。

緩やかな棚田。
上手は水がしみ込むように畦ぬりはせず、
下手は水が抜けていかないように
畦ぬりをします。

d0112350_12535012.jpg馬鍬(まんが)もどき登場
昔は馬に付けて引かせたことからこの名前

木の棒の両端をひもで結んだ道具で、
田んぼのなかをひっぱり歩きます

田んぼの高低差を調整して、
土をならしてゆきます。
土に粘りが出て、とろとろになってきました。


時おり、小雨が降るなかでの田んぼは、まだひんやりしましたが、
作業をしてゆくなかで、冷たさを感じないほどでした。

d0112350_12545727.jpg
乾田から水田へ。
いよいよ田植えを待つ田んぼになりました。

生きものたちも、
コンクリで固められていない田んぼは、
乾田好きの生きものは畦に移動でき、
水田(水性)の生きものたちは、
卵から目覚め... 入れ替わってゆきます。

人も、生きものも、田植えを待っているんだね。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-05-10 12:06 | 「現在」の田んぼ

第2回目 5月の作業その1は、「代かき、畦ぬり」です


第2回目 5月の作業その1は、「代かき、畦ぬり」です(5月その2は、「田植え」です)

d0112350_5514432.jpg水を張って田んぼの土をかき回す代かきは、
田んぼの土に水と空気を送り込む作業です。

作業日程は、

5月10日土曜日
10時から12時です


d0112350_554221.jpg
水路を少しせきとめて
水を田んぼにひき始めました。
豊富なお水は、この里山の湧き水です。

乾田から水田へ
田植えしたくのはじまりはじまり。

代かきは、たくさんの人手が必要で、
ワイワイ愉しい作業です。
お待ちしています。


「代かき、畦ぬり」について  「代かき、畦塗り」 土の会white 2006.5
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-05-07 07:56 | 田んぼの作業日程のお知らせ