ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

風の又三郎 〜宮澤賢治、その世界〜

今年のゆいまーるの案山子は、
宮澤賢治の「風の又三郎」。

案山子を立てて、一週間。
台風一過の青い空。白い雲がとてもきれいです。
d0112350_16252468.jpg

 どっどど どどうど どどうどどどう
 風はどっこどっこ又三郎

d0112350_17344569.jpg
立春から数えて
二百十日の風に乗ってやってきて、
二百二十日の風とともに消えた
(9月1日〜9月11日)

不思議な少年、風の又三郎。

子どもの頃、
読んだ不思議な物語。観た映画。
あの風の記憶。嵐の記憶。

台風も過ぎて、青い空のみえる今日。


宮澤賢治は、私の好きな作家。人物です。
詩人であり、作家であり。そして「農」に造詣が深く、教育者でもありました。

小学校の国語の教科書に、
「クラムボンはぷかぷかわらったよ」「クラムボンは死んだよ...」と
童話「やまなし」は、私の記憶に強烈に残っています。

「風の又三郎」の不思議な感覚もとても好きです。
この季節の台風、強い雨風。いつも思い出すのがこのお話です。

福祉施設に勤めていた頃、
「虔十公園林(けんじゅうこうえんりん)」というお話に出逢いました。
主人公虔十は、ハンディキャップのある人物と想像できます。
虔十がコツコツ植えた杉の木が、時が過ぎ、周りが町に変わるなか、
美しい景観の林となり、子どもたちが訪れ、人々の心に懐かしさをたたえる公園になる。
というお話です。

その中の一節に、
「あゝ全くたれがかしこくたれが賢くないかはわかりません。」とあります。
”全く誰が賢く、誰か賢くないかはわからない”
その強く、潔いメッセージがこの物語に込められています。

インターネット上でお話を読むことができます。短編なのですぐ読めます。ぜひ。
青空文庫 「虔十公園林」

d0112350_16254372.jpg

そして、「農」。
「農民芸術概論綱要」のなかで賢治は、

「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」といっています。

”自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する”
”新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある
 正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである”


賢治の言葉のなかに、「農」への想いと、生き方への想いが広がります。
すっと、「ゆいまーる」にもつながるような気がしていました。
そんな想いもありまして。

今年のゆいまーるのかかしは、「風の又三郎」。
宮澤賢治へのオマージュの意をこめて。

しあわせは、足元にあるような気がします。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-09-20 13:19 | 「ゆいまーる」にておもうこと

かかし部2008

ことしも案山子の季節がやってきました。
田んぼの秋の風物詩です。

今年も「ゆいまーる」、「かかしまつり」に参加します。

ゆいまーるのかかしは、今年も藁と竹でつくります。
今年のかかしのイメージは、私の独断上ですいません、ですが...

宮沢賢治の童話「風の又三郎」です。

下の写真は、又三郎のマントを作っているところです。↓
d0112350_1553596.jpgd0112350_15542182.jpg

マントは、古民家にも展示してある「蓑(みの)」を参考にしてみましたが、
(ぜんぜんちがいますが...)
現在、この「蓑」を作れる人は、舞岡公園スタッフのなかにはいません。
作り手の継承というのは、大切なことですね。。

d0112350_15325172.jpg
さあ、かかし部始動です。
私のイメージがぼんやりしているため、
おおまかなことから、あとはみなさんにおまかせです。

竹を割り、削って、輪っかを作り
軸の竹に取りつけ。


d0112350_1602432.jpg



←縄綯いをして
作った縄をぐるぐると巻いて作った
又三郎の帽子。

d0112350_1691575.jpg完成です!
ゆいまーる田に立った
「風の又三郎」案山子。

今年も去年の「ゆいまーる君」のような
個性的な案山子が出来ました。

d0112350_1695571.jpg

d0112350_1617344.jpg

クロニクル
「ゆいまーるかかし」2007

「ゆいまーる君」
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-09-13 15:30 | 「現在」の田んぼ

「秋の女王」と「トンボの王様」

d0112350_18141337.jpgネットをかけるとやってくる
「秋の女王 ジョロウグモ(女郎蜘蛛)」

ゆいまる田のネットにも
たくさん巣を張っています。

d0112350_1815186.jpg

大きいのがメス
小さいのがオス

オスはメスが張った巣にやってきて、
メスが成熟するまで、じっと待っています。

成熟する前のメスに近づくと、食べられてしまいます。

ジョロウグモについて 「土の会」HPより
「蜘蛛の糸」
「charlieさんのクモのはなし 〜 秋の女王 〜」

ネット=田んぼに巣を張るのは、
それだけ、エサ(生きもの)がいるということ。
クモは、稲の害虫といわれるウンカなどを食べてくれる益虫なのです。
弥生時代の銅鐸にもクモが描かれているように、
昔から、クモは田んぼを守ってくれる存在として大切にされてきました。

d0112350_18463936.jpg
オニヤンマがネットのなかを飛んでいます。
どうやって入って、どうやって出るのか?

時に羽根を傷めてしまいますが、
器用に出入りしています。

エメラルドグリーンの眼。
オニヤンマ(鬼蜻蜓)日本最大のトンボです。

d0112350_1847139.jpg
ヤゴは流水域で育ちます。
田んぼの脇を流れる水路で育ったのかもしれません。

オニヤンマは、
他のトンボなどに比べると、見る機会は少ないトンボです

それもそのはず、
オニヤンマは成虫となるまで5年かかるといわれます。
それまでの年月、食う食われるの自然界にいるのです。

トンボの王様。 ゆいまる田んぼによく来たね。


ネットにはジョロウグモの巣。
飛び回るオニヤンマ。
ジョロウグモの巣には、セミやトンボなどのオオモノがかかるときももちろんあります。
オニヤンマも例外ではありません。

いろんなつながりのなか、みんな今を生きています。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-09-13 13:09 | 「ゆいまーる」の生きものたち

バッタとカマキリ

d0112350_19154633.jpg8月、畦でみつけたのは、オンブバッタ抜け殻。

こうやって脱皮をしながら、
バッタたちは大きくなります。

d0112350_19162619.jpg





秋到来。
イナゴもこんなに大きくなりました。

d0112350_19171557.jpg

ネットを張っている杭についているのは、
チョウセンカマキリの卵嚢と思われます。

バッタ、カマキリ。
食う食われる。隣り合わせ。
すべてがそのつながりのなか。
みんな、その生を生きています。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-09-13 12:27 | 「ゆいまーる」の生きものたち

炊き出し2

「ゆいまーる」今年度2回目の炊き出しです。

かまどで、ごはん(おむすび)と谷戸鍋を作ります

d0112350_3101628.jpgd0112350_31053100.jpg

自分たちの手で、育てたお米。
「お結び」。 結ぶのは、人と自然や、人と人。

d0112350_312886.jpgd0112350_3123044.jpg

今日の谷戸鍋は、おしょうゆ味。いつもとひと味ちがう味。

だいじにいただく。たのしくいただく。

d0112350_315748.jpgd0112350_3153191.jpg

ごちそうさまでした。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-09-13 12:06 | 「現在」の田んぼ

9月の作業「水抜き、畦の草刈り」

d0112350_2254021.jpgまずは、畦の草刈りから。
1ヶ月のあいだに、
また、だいぶ草が伸びました。


d0112350_2261053.jpg





ネットも一度はずして、
草を刈ります。


d0112350_2263233.jpg刈った草は
リアカーいっぱい。

刈草は堆肥場へ。
3年後、良い堆肥になって
また田んぼに還り、
田の土を潤してくれます。


d0112350_159417.jpg

8月上旬、
お米の小さな白い花が
咲きました。

稲穂が頭を垂れています

これから先は、
水を減らしてゆくことで
稲は登熟向上してゆき
デンプンが蓄えられ、
おいしいお米になってゆきます

鍬で泥を掘って、水を抜く道をつくります。
水が抜けにくい田んぼならではの作業です。

d0112350_242885.jpgd0112350_2425977.jpg

谷戸は、それだけ湿潤な田んぼである、水が豊かにあるということでもあります。

d0112350_2493954.jpg
あと40日。
おいしくなあれ。

10月は、いよいよの稲刈りです♪
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-09-13 10:55 | 「現在」の田んぼ

第7回目 9月の作業は、「水抜き、畦の草刈り」です

第7回目 9月の作業は、「水抜き、畦の草刈り」です

d0112350_1373461.jpg
田んぼの縦横に、苗を抜いて鍬で掘る。
その窪みを水が通り、水を逃がす作業です。

作業日程は、

9月13日土曜日
10時から12時です


d0112350_1444057.jpg水を減らしていくことで登熟向上していく40日間。

空気中の炭酸ガスと、
根から吸収した水と太陽の光を利用して
デンプンは作られます。
おいしいお米になってゆくための作業です。

今年度、2回めになります「炊き出し」を
作業と同時進行で行います。
かまどを焚いて、おにぎりと、
舞岡公園産お野菜を使った鍋、
通称「谷戸鍋」を作ります。
お昼ごはん、お楽しみに♪

お昼ごはんのあとに、案山子をつくりたいと思います。


※「ゆいまーる」会員ではない方で、このHPをご覧になりご参加希望の方は、
  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までご連絡下さい(9月11日まで)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-09-06 20:23 | 田んぼの作業日程のお知らせ