ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お母さんカマキリ 〜稲といっしょに生きている〜

8月、青田の頃には、緑色の子どものカマキリがやってきました。
10月、黄金色の田んぼ。稲の色のような茶色のお母さんカマキリがいます。
稲刈りの稲穂にも、たくさんカマキリがいました。

d0112350_2312448.jpg
迫力ある
母さんカマキリ。
オオカマキリのメス。

d0112350_23123628.jpgメスオスの見分け方は、
いくつかあります。

メスオスがいる場合は、
生殖器で見分けがつきます。
今回は、1匹で分かる見分け方。
(オオカマキリの場合)

・ひげの数
 2本がメス、4本がオス。

・お腹
 ふっくらメス、ほっそりオス。

・触覚の長さ
 メス<オス

・成虫の羽の色
 メスは茶色でも緑でも
 羽に緑のラインが入る

羽の色を決めてとしました。「オオカマキリのメス」。

田んぼといっしょに育ってきたカマキリ。
その一生を終える頃が、稲刈りの時期(稲刈りすぎ頃)です。
卵を生み、そのいのちをつなげるために、
カマキリは田んぼにいます。

d0112350_23125773.jpg稲の茎に生みつけられた卵塊。
稲は刈るわけで...
せっかく生んだのに、どうしようかと、
稲刈りのたびに思います。

d0112350_23131653.jpg
ふわふわの
スポンジ状の塊の中で
卵は守られています。
寒い冬を
こうして過ごし
春を待ちます。


d0112350_23574578.jpg




オオカマキリのたまご。
茎ごと、
ゆいまる案山子「風の又三郎」に
くっつけておきました。 ひとあんしん。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-10-25 14:07 | 「ゆいまーる」の生きものたち

10月の作業 「稲刈り、稲架かけ」

d0112350_21583325.jpg金色の稲穂。実りのとき。
ありがとうの稲刈りです。

d0112350_2203653.jpg






「ゆいまーる」の稲刈りは、
雨天延期をしたので、本日稲刈りとなりました。
舞岡公園で、田植えはいちばんはじめ、
稲刈りはいちばんさいご、となりました。

d0112350_2252235.jpgのこぎり鎌で、手作業の稲刈り。
ザクザクっと刈るときの音、感触。
いいのものですね。

稲穂に泥がつかないようにはこびます。

d0112350_2294721.jpg




ネットかけにつかった杭を抜いて、
こんどは稲架掛けに使います。

三脚を組んで、竹を渡して
稲架(はざ)ができました。


刈った稲を藁でまるいて(束ねて)ゆきます
d0112350_22122730.jpgd0112350_2213130.jpg

d0112350_22153531.jpg
ひとつの束を、7:3くらいに割って
交互に稲架にかけてゆきます。
こうすると、
乾きやすく、たくさんかけられもします。

d0112350_22172920.jpg




稲架に掛けおわったら、
スズメ対策のネットをかけて。

できました!

d0112350_22222228.jpg
余った束ね用の藁などは、
肥やしとして田んぼにまいておきます。

ほんとうに無駄なものはなにひとつありません。


稲刈りと同時に、今年の実りをチェックしました。
今年はゆいまる田のなかでは、1本植え、3本植え、4本植えをしてみました。

d0112350_22215093.jpg
写真は左から
1本植え、3本植え、4本植えです。
見た目でも違いがわかります。

それぞれ10本ずつサンプルをとり、平均値を出してみました。

d0112350_22285830.jpg1本植え

分けつ11本
(1本あたり11本分けつ)

1本につき120粒

1株1320粒

d0112350_22332050.jpg3本植え

分けつ20本
(1本あたり7本分けつ)

1本につき84粒

1株1680粒

d0112350_22362952.jpg4本植え

分けつ18本
(1本あたり5本分けつ)

1本につき80粒

1株につき1440粒

1本植えが、いちばん分けつ量が多く、粒の量が多いことがわかります。
最終的な粒の数を考えるなら、3本の方が多いです。
さて、来年は何本植えにするのが良いでしょう? わかりますね♪
1本植えのパワーはすばらしいです。

ちなみに、去年のゆいまる田では、
1つの穂に50粒強で、1株25本
4本植えの870株の苗。
50×25×870=1087500粒 100万粒のお米になりました。

今年は、
1本植え15株×1320粒=19800粒
3本植え約460株×1680粒=772800粒
4本植え約270株×1440粒=388800粒

全体約750株の苗で、1181400粒。
実際は、田植えの後に補植をしているので、800株くらいです。
細かくなりますが、この補植分は3本植えなので、
50株×1680粒=84000粒を足しますと...

2008ゆいまーる田んぼ 1265400粒
120万粒のお米たち。

去年より水の道を作ったので、株数は少ないのにお米の粒は多いです。
(去年が不作だったのです)

今年は上々です♪
そして今年も、恵みに感謝。 ありがとうございます。

d0112350_2353450.jpg

[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-10-25 13:54 | 「現在」の田んぼ

第8回 10月の作業その1は、「稲刈り」です。

第8回 10月の作業は、「稲刈り」です。
雨天延期のため10月は「稲刈り」、11月に「脱穀」の作業を行います。

作業日程は、
10月25日土曜日
13時から15時です


通常と作業時間が異なります(午後になります)ので、ご注意ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
10月11日 6:30AM 追記

10月11日土曜日の作業は、
雨天のため、延期となりました。


なお、今後の予定は以下のとおりです。

10月25日土曜日 午後1時から3時 稲刈り
11月 8日土曜日 10時から12時 脱穀(※作業終了が12時をすぎる場合あり)

ゆいまーる年間予定での、11月8日作業内容「寒田起こし」については、
後日日程を調整し、お知らせ致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


第8回 10月の作業その1は、「稲刈り」です。
いよいよの稲刈り。

d0112350_1405937.jpg稲をのこぎり鎌で刈ります。
そして、刈った稲束を稲架掛けする作業です。

作業日程は、

10月11日土曜日
10時から12時です

(※雨天延期しました。詳細は上記をご覧下さい)



今年も、多くの実りに感謝して。

10月は稲刈りをして、稲架に掛けて、天日干しの後、
脱穀の作業があります(10月25日)。
昔ながらの機械を使った脱穀です。


※稲刈りは、雨天予報の場合、実行をするか判断を致します。

「ゆいまーる」会員ではない方で、このHPをご覧になりご参加希望の方は、
yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までご連絡下さい。
雨天中止の場合には、こちらからご連絡致します。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2008-10-01 07:38 | 田んぼの作業日程のお知らせ