ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

寒中お見舞い申し上げます 「結い回ること。パレスチナ」


寒中お見舞い申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。
2009年、皆様にとって幸多き年となるようお祈り申し上げます。

年末年始、イスラエルのパレスチナ、ガザへの攻撃が続いています。
数年前にメディアリテラシーの講座を受講しました。
それは、自分のヴィジョンをどう表現するかということを
考えていたときに、リテラシーを学んだ方が良いと思ったからです。
(リテラシー=読み書き能力。識字能力)
(メディアリテラシー=情報メディアを読み解いて、その真偽を見抜き、活用する能力)

メディアリテラシーを学んだ後、この「ゆいまーる」は出来ました。

その際、その講座を主宰していたのが、
長年戦争を追いつづけてきたジャーナリストの方だったので、
パレスチナ問題にふれました。
それまで、私はなんとなくイスラムはこわい、そう思っていました。

イスラエルとパレスチナ。
現在に至るまでの有史の事実を知り、
そして私が思ったことは、やはりイスラエルのやり方を肯定はできないということです。

けれど、世界の情勢を知るたびに、
遠い国の出来事、自分にできることはそこにあるのかな...
なんとなくそんな感覚がどこかにあったと思います。

大きく自分のなかで変わったように思うのは、
私は田んぼに触れて、わかったことです。
田んぼで、小さな生きものや、植物たちのなかで
人も自然もなにもかも「結い回る」という感覚ははっきりと足元から体感し、
感覚が冴えるというか、はっきりみえるという感覚があります。
(大げさでしょうか(笑))


「農民芸術概論綱要」のなかで宮澤賢治は、
「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」

”自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する”
”新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある
 正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである”
といっています。


ゆいまーるの趣意書にも書かせていただいていることですが、
自分と他者の存在につながりを感じることで、
その問題を、「関係ナイヨ」と切り離さない感覚が生まれるのだと感じます。
そして、それは、
自分と他者とのつながりのなかで心と心とのやりとり
(「目にみえないかんじん」というものだと思います)の先にある
自分が大切にする、他者から自分が大切にされるということで、
その想いをいろいろにシフトするのではないかと思います。
(私はそれを「絶対的な安心感」だと感じています)

先に記した、賢治の言葉も、そんな想いの先にあるのではないかと思います。


さて、パレスチナのことに話を戻しますが、
私はそのパレスチナ問題の学び、情報を集めるなかで、
自分の暮らしとパレスチナが繋がっているということを知りました。
(世界は個人と必ずつながっているのですけれど)
それは日常生活のそこここにありました。それを知ったときは衝撃でした。
私の生活のなかにイスラエルとの関わりがあったのだから。
そのすべてを断つことはできない。
豊かで便利な生活を享受するニホン人、
そして、大国を後ろだてにあるこの国には真実の情報、報道は伝わりにくい。

イスラエルがなぜあんなに軍事力を持っているのか、
莫大なお金の流れがあるからです。そのお金、どこから来ているの?ということ。
そして、アメリカがイスラエルを支援し続ける理由。

知ることで、モノなら選ぶことができる。
そんな思いで、以下のことを転載したいと思います。

たとえば、
スターバックスでコーヒーを飲むことが、どういうことにつながるのか。
自分の行動を知る、考えることが必要に思います。

注意深くお金を使うために
主なイスラエルの支援企業をあげてみると...
・スターバックス
(・サザビー)
(・アフターヌーンティ)
(・アニエスベー)
・マクドナルド
・コカコーラ
・ネスレ
・エスティローダー
・インテル
・マイクロソフト
・アイ・ビー・エム
・ディズニー

イスラエルの経済に大いに貢献している企業
・ダノン(関連:カルピスと味の素)
 (ミネラルウォーター エヴィアン)
・ロレアル
 (ポロラルフローレン)
・サラ・リー
 (ヘインズ、チャンピオン)
・ジョンソン&ジョンソン
 (ワンデーアキュビュー)
・ノキア


不買運動を、というわけではないのです。
けれど、知っているのと知らないのとではまったく違うと思います。

スタバはしょうがいのある人たちの雇用もすすんでいて、
絵も飾ってあったり、商品化したり素敵です。ソファだって心地よい。
プラスとマイナス。
だけど、この事実は大きい。

例えば、パソコン。
私のパソコンは、"インテル入ってる?" です。
いろいろ回避して使うことはたいへんな労力のいることです。

ディズニーランドは果たして夢の国なのでしょうか?...


豊かで便利な生活を享受する私たちの暮らしのなかに
たくさんの問題があることがわかります。

遠い国でもちゃんと繋がれる。
想像し、創造できる未来がいい。

結い回ることに、自覚と自律を。
そして、よろこびを。


ガザ封鎖の解除を求める署名を呼びかけます
企画者:NPO法人パレスチナ子どものキャンペーン
提出先:日本国政府

d0112350_22403334.jpg

[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-01-07 11:54 | 「ゆいまーる」にておもうこと