ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

炊き出し


一年に3回ある「炊き出し」。今年度1回目の炊き出しです。

d0112350_23572377.jpg
おむすびと谷戸鍋。
黒米入りのおむすびです。


作業のあとで
みんなでワイワイごはんはおいしい。
自然の恵みに感謝して。


d0112350_23582249.jpg←谷戸鍋

田の草とりでとった「コナギ」も
ゆでて、試食してみました。
少しだったので、
味はいまいちよくわからなかったけれど
フツーに食べれます。

東南アジアでは、
コナギは立派な食材なのだそうです。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-06-20 12:30 | 「現在」の田んぼ

田んぼの生きもの調査


田植えから、21日目。

田んぼの生きもの調査をしました。
田んぼの生きもののにぎわいは、田植え40日後頃が多いといわれています。

畦、稲の葉上、水面、水のなか、泥の上、泥のなか、田んぼの上空...
田んぼといっても、そこには様々な環境があります。
そして、それぞれの場所を好んで、暮らす生きものたちがいます。

今回は、田んぼの水のなか、泥のなか。
田の草とりをしながらみつけたものを中心に観察しました。

↓アメンボ               ↓ドジョウ
d0112350_0333083.jpgd0112350_046344.jpg

↓ヤゴ                   ↓イトトンボのヤゴ
d0112350_0425441.jpgd0112350_1155181.jpg


↓ミズムシ               ↓オタマジャクシ
d0112350_0441652.jpgd0112350_117695.jpg

↓エビ
d0112350_0453639.jpgゆいまーるの田んぼは、
下の田んぼの一番上に位置するので、
水の取り口は、
水路から直接入れることになります。
なので、
水路でくらしている生きものが田んぼに
行き来しているようです。
このエビもその代表選手といえそうです。


↓サカマキ貝               ↓ドブシジミ          
d0112350_041572.jpgd0112350_0543489.jpg


貝について詳しくは、「かいかい(貝々) 田植え後15日」土の会 2008.6


↓コモリグモ
d0112350_0592787.jpgコモリグモは、
田んぼの水面を歩き、
小さな虫をつかまえて食べています
稲にとって害虫といわれる虫たちも食べてくれるので、
クモは稲にとって「益虫」です。

畦草には、
↓ヒシバッタ
d0112350_1133993.jpg
ヒシバッタやショウリョウバッタ...
畦草でピョンピョンはねるバッタたち。
時々田んぼにぽちゃんと落ちて
上手に水面を泳いでいます。
まだ生まれて間もない子どもバッタ。
子どもには翅がまだありません。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-06-20 11:50 | 「ゆいまーる」の生きものたち

6月の作業「田の草とり、畦の草刈り」


田の草とりは、
稲のまわりに生えてくる草を抜いて
草を泥のなかに沈めることで、また生えてくるのを防ぐ作業です

また、泥のなかを手でかき混ぜることで、
泥のなかに酸素が入り、稲の成長を助けてくれます。

d0112350_2338392.jpg
とる草の主たるは、
コナギ。
今年は去年と比べ
少ないように思います。

泥をかき混ぜると、水面が濁るので
一列に並んで、ゆっくりと
だいたい同じペースですすむと
みんな、作業がしやすいです。


d0112350_23482696.jpg
「おおきくなったねー」
「泥んこ、きもちいいよー」

と、うれしい声。


d0112350_041582.jpg


2週間後に
2回目の草とりをします。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-06-20 11:36 | 「現在」の田んぼ

第4回目 6月の作業は、「田の草とり、畦の草刈り」です


第4回目 6月の作業は、「田の草とり、畦の草刈り」です

d0112350_2045307.jpg稲のまわりに生えてくる草を抜きます。
草を泥のなかに沈めることで、
また生えてくるのを防ぐ作業です

作業日程は、

6月20日土曜日
9時30分から12時です



苗は、あたたかい陽気でぽかぽかの田んぼの温水のなかで育っています。
1本植えも順調です。

作業をしながら、田んぼのなかの生きもの観察もしたいと思います。
田植え後40日頃は、いちばん生きものがにぎわう時期です。
どんな生きものたちに出逢えるかたのしみです。


今回は、作業と同時進行で、「炊き出し」を行います。
かまどを焚いて、おむすびと、
舞岡公園産お野菜を使った鍋、通称「谷戸鍋」を作ります。
今回のおむすびは、黒米入りにしてみます。
お昼ごはん、お楽しみに♪

「炊き出し」の関係で、いつもより30分早いスタートになります。
時間が可能な方は9時30分からどうぞ。
お気をつけて、気張らず、お越し下さい。お待ちしています。


※「ゆいまーる」会員ではない方で、このHPをご覧になりご参加希望の方は、
  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までご連絡下さい(6月16日まで)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-06-11 20:39 | 田んぼの作業日程のお知らせ

2009年度 田んぼコミュニティ「ゆいまーる」活動予定


おくればせながらwebでの、年間日程のお知らせです。
作業日程のお知らせを2週間前頃にwebにアップするということをしています。
それは、今年も変わりませんが、
年間の日程や内容を、パンフレットが届かない方に向け、発信しようと思います。


*ほぼ毎月、その月の作業日のお知らせと、前月の作業の様子を、
 このwebと連動して「ゆいまーる通信」と題して、
 メールで送らせていただいています。
 「ゆいまーる通信」の配信をご希望の方は、
 その旨  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。

d0112350_1313266.jpg

「ゆいまーる」は、人伝えの活動をしています。
さいしょに声をかけた方たちには、パンフレットを2通お渡している理由です。
それは、私が信頼する知人から、伝わる人ならば、私も繋がれるね、という想いから
今年もそのことを大切にしてゆきたいと思っています。
今年も、いろんなふうに「ゆいまーる君」がひろがることを愉しみにしています。


田んぼコミュニティ「ゆいまーる」 2009年度 活動予定

 4月18日(土)田起こし
 5月16日(土)代かき、畦ぬり
 5月30日(土)苗とり、田植え
 6月20日(土)田の草とり、畦の草刈り*炊き出し
 7月 4日(土)田の草とり、畦の草刈り
 8月15日(土)ネットかけ、畦の草刈り
 9月 5日(土)水ぬき、畦の草刈り*炊き出し
10月 3日(土)稲刈り
10月17日(土)脱穀
2009
 2月 6日(土)堆肥ふるい
 3月 6日(土)荒起こし*お餅つき


日程は、天候、稲の生育状況により、
変更する場合があります。

(最新情報は、 「田んぼの作業日程のお知らせ」 でご確認下さい)


11月23日(月・祝)は、舞岡公園の収穫祭になります。
自由参加です。


時間/10:00〜12:00
   (炊き出しの日は開始時間が9:30になります。)
集合場所/舞岡公園小谷戸の里


☆作業中、または午後の時間に、里山散策や、
 田んぼの観察会など、お愉しみ企画のある月もあります。

d0112350_2121531.jpg

                        (c)ゆいまーる
「ゆいまーる」のメンバーシップ

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」
田んぼインタープリター(案内人)*ゆきんこ*
(webでは、HNにしておきます)
お問い合わせ  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp 
「ゆいまーる」HP  http://yuitanbo.exblog.jp/

“年間やります”の方 * 880円(ハチハチまーる) /全12回分
“おためし”の方 * 100円(ワンコイン)/参加ごと・1回分
 しょうがいのあるメンバー * ご相談
   (初回に“300まーる”差し上げます。お友達も誘ってね)


*“年間やります”の方には、次年度に地域通貨「まーる」を、
 “300まーる(みんなまる)” 差し上げます。

会費は、おもに通信費として使わせていただきます。

“年間やります”の方は、
ぜひ「舞岡公園ボランティア」への登録をお願いします
(登録料年間2000円)。

舞岡公園のボランティア登録をすると、
田んぼの他に、畑や、雑木林管理、自然観察など里山保全の活動に
幅広く参加、愉しむ・学ぶことができます。
毎月、舞岡公園の様子や催し等が載っているお便りが届きます。

[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-06-11 19:53 | 「ゆいまーる」年間活動日程