ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

8月 稲の花と分けつ


d0112350_21421162.jpg稲の花が咲きました。
籾になる「えい」とよばれる部分が、
開いています。
稲の開花は午前中の数時間。
午後には閉じてしまいます。

d0112350_21423937.jpg





穂は、下から上へと1週間ほどで
開花してゆきます。

「えい」から出ているのが雄しべ。
開花の時間は、手で触れると花粉が舞います。
「えい」のなかには、雌しべがあります。


稲は風媒花です。ほとんどが自家受粉をします。
蜜はありませんが、栄養たっぷりの花粉を求めてミツバチたちもやってきます。

稲の成長はどうでしょう。

↓1本植え:分けつ9本     ↓2本植え:分けつ14本
d0112350_21553335.jpgd0112350_21551866.jpg

↓3本植え:分けつ15本    ↓4本植え:分けつ17本
d0112350_21545415.jpgd0112350_21543340.jpg


7月(田植え35日め)に調べたときは、
1本植え:分けつ4本  2本植え:分けつ9本
3本植え:分けつ10本 4本植え:分けつ9本 でした。

それから1ヶ月がすぎました。
1本植えが、7月からすると倍以上になっています。
1本あたりで考えると、2本植えを抜いて、
1本植えがいちばん分けつがすすんでいるということになりました。

植えた本数が1本増えるごとに、分けつの数が減るというのは、
予想通りですが、興味深いです。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-08-15 12:57 | 「現在」の田んぼ

8月の作業「ネットかけ」

d0112350_20155569.jpg
ここ2週間のあいだに、
穂がぐんと上がってきました。

出穂(しゅっすい)期
(半分くらいの穂が出穂した時期)と
いえるのではないかと思います。

田植えは5月30日なので。
77日目になります。


ちなみに稲刈りまでは、出穂後40日とのこと。

この間のやわらかなお米が、スズメがだいすき。
舞岡公園では、スズメからお米を守るために、
毎年ネットかけをしています。

ただ、ネットかけをすると、田んぼに集まる生きものたちの出入りが
難しくなったりもします。

ネットかけは、みんなで息を合わせて行う作業。
その面白さもだいすきです。

 以前の記事→ネットかけに想う

ネットかけにもいろんなコツがあります。
上手にネットを張ること、生きものに負担をかけない張り方を心がけます。
いろいろに心を配る作業のひとつひとつでありたいと思います。

まず、畦の草刈りをしっかりします。

d0112350_22134235.jpg
杭を打ちます。杭は針金をかけたときに
ひっぱられるのを見越して
少し外側に向けて打ち込むのがポイントです。

d0112350_2217683.jpg

d0112350_2040297.jpg杭に針金を巻き付けます
杭に針金を巻くときは
針金が動かないように
針金をかませて巻きます

針金を杭一周まわしたら、
何本か向かいにある杭に針金を渡し
ネットを張る

どちらにネットを余らせるか
d0112350_20154290.jpgネットに余計な負担をかけないように..
いろんなポイントがあります。

ネットのまんなか
(=だいたい田んぼのまんなか)の
針金の交点に、
竹を下(田んぼ)から差し込んで
固定します。

竹の先は針金がかみやすいように
切り込みが十字にいれてあります。

ネットの色は、ゆいまる田はオレンジ色。
オレンジ色は、見た目には目立たずよいです。
が、他の色(青色ネット)に比べ、
生きものが気づかずかかってしまいやすいようです

田んぼの中央を竹で針金をかませて持ち上げるのも、
ネットをたるみ少なく、
スズメがのってネットをたるませたりするのを防ぐのに大切ですが、
生きもの(特にカブトムシ)がかからないように、
あまり高低差をつけないで、竹を上げておくのがポイントです。

d0112350_21374763.jpg
ネットの裾は、
セイタカアワダチソウの茎を
畦にさして止めます

d0112350_18261448.jpg

ネットが張れました。
いろいろに心を配る作業の先、
ゆいまーる田、よくできました♪
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-08-15 12:13 | 「現在」の田んぼ

第6回目 8月の作業は、「ネットかけ」です


第6回目 8月の作業は、「ネットかけ」です

d0112350_3515031.jpg お米はズズメも大好き! というわけで、
スズメよけのネットを張ります。
弛まないように、
ピンとネットをかける作業です。

作業日程は、

8月15日土曜日
10時から12時です


稲のお花が咲き始めました。
この時期の、午前中の数時間しか花開かない小さな可憐なお花です。
お花の様子と分けつの様子をみてから、
ネットかけをします。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-08-09 09:47 | 田んぼの作業日程のお知らせ

「未来は僕らの手の中プロジェクト 選挙行こうぜ」に参加しています


8月30日は衆議院選挙です。
どんな社会にしたいか。自分の意思を持って、行動する。
その行動のひとつとして選挙はあるように思います。

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」は、
今年も、「未来は僕らの手の中プロジェクト 選挙行こうぜ」
サポートショップとして参加しています。

選挙に行って、投票証明書をもらって、
このプロジェクトに参加しているサポートショップに
あそびにいく、お買い物などすると、何か特典がもらえるよ、というしくみです。

このプロジェクトは、湘南発信なので、湘南地区、横浜、東京などの
いろんなサポートショップが参加しています。

「ゆいまーる」では、
投票証明書を持参されると、田んぼの作業一回ご招待です。

「未来は僕らの手の中プロジェクト」のHP内の
「ゆいまーる」の内容(http://www.shonan-senkyo.net/shops/ngo.html)は、以下です。

ーーーーーーーーーーーー

業種:NGO/団体/福祉
サービス内容:1回参加ご招待と地域通貨「まーる」”100まーる”プレゼント
サービス期間:09年度活動分(2010.3月まで)
所在地(活動場所):横浜市戸塚区の舞岡公園内
Email: yuima-ru_tanbo@excite.co.jp

営業期間、定休日:月に一回ほどの活動です。詳しくはHPをご覧下さい
HP http://yuitanbo.exblog.jp/

PR:
人と環境、そして人と人。「関係ナイヨ」と切り離さないということ。
自分を、そして自分のまわりを大切にすることから始まるのだと思います。
田植えから稲刈り、脱穀まで。 手作業による田んぼ作業を通して、
そんな「結(ゆいまーる)」を感じられたらいいナと思っています。

参加の動機:
なにかとなにかを分かつことのない社会のために。
私たちにできることから。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-08-08 21:03 | 「ゆいまーる」からのお知らせ

Y150開国博 ヒルサイド 「横浜の谷戸体験」

d0112350_427058.jpg
Y150(横浜開港150周年)の
ヒルサイドエリア(ズーラシア隣)で
7月21日から8月3日まで
「横浜の谷戸体験」という出展のなかで
パネルと
子ども向けにあそべる木でできた
「谷戸の生きものつながりパズル」を
制作して、展示しました。


d0112350_4332659.jpgd0112350_4342656.jpg


d0112350_4354534.jpg
「ゆいまーる」での写真も
のせてあります。


「谷戸の生きものつながりパズル」の
写真を撮るのを忘れました。。。
(あとでアップします)



パネルの内容は、ふだん谷戸で感じていることをまとめました。

1:谷戸ってなあに?
   谷戸とはどんな場所をいうのか

2:谷戸ってすごい!
   谷戸の持ついろんな機能の紹介
   多様な場所、多様な生きものがいる「生物多様性」
   水を蓄える天然のダムの役割、緑のクーラー「地球温暖化」
   山が水を育む
   食料をつくる「地産地消、自給自足」
   人が集う場所「コミュニティ」  など

3:谷戸にでかけよう!
   生きものと仲良くいられるためのマナー


d0112350_452474.jpg

オマケ →
ヒルサイドにあらわれた
巨大バッタ
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-08-03 14:25 | 「ゆいまーる」からのお知らせ