ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第8回目 10月の作業その1は、「稲刈り」です


第8回目 10月の作業その1は、「稲刈り」です。
いよいよの稲刈りです。


稲をのこぎり鎌で刈ります。
そして、刈った稲束を稲架掛けする作業です。

作業日程は、

10月3日土曜日
10時から12時です



今年も、多くの実りに感謝して。

10月は稲刈りをして、稲架に掛けて、天日干しの後、
脱穀の作業があります(10月17日)。
昔ながらの機械を使った脱穀です。


※稲刈りは、雨天予報の場合、実行をするか判断を致します。

「ゆいまーる」会員ではない方で、このHPをご覧になりご参加希望の方は、
yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までご連絡下さい。
雨天中止の場合には、こちらからご連絡致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作業のあとの午後に、舞岡公園を散策したいと思います。
谷戸の景観をかたちづくる、田んぼ、雑木林、ため池...
どのように人と植物、生きものとのつながりがあるのか、
そんなお話をしながらの "谷戸あるき" です。
(舞岡公園での定例自然観察会のミニ版になります。ガイド*ゆきんこ)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-09-28 21:21

だいだらぼっち

ことしも案山子の季節がやってきました。
田んぼの秋の風物詩です。

今年も「ゆいまーる」、「かかしまつり」に参加します。
ゆいまーるのかかしは、今年も藁と竹でつくります。

案山子つくりは、ネットかけのあとの午後に行いました。
(数日かけて作りました)

今年のかかしのイメージは、「だいだらぼっち」。
もののけ姫に出てくる「デイダラボッチ」です。

東日本の山々には、多くのだいだらぼっち伝説(伝承)が残っています。
だいだらぼっちが歩いた足跡が池になった。
頂上が平坦な山は、だいだらぼっちが腰掛けたなど。

d0112350_1327120.jpgd0112350_22263111.jpg


だいだらぼっちは、生と死を司る森の神。

映画「もののけ姫」のデイダラボッチは、シシ神の夜の姿。
山や木や水... 自然、いのち。

物語では、デイダラボッチが倒れ、その死により植物がまた現れてゆきました。
生と死。繰り返すいのち。

↓だいだらぼっちの手には、どんぐり、紅い柿の葉。  ↓白いキノコの生えた角。
d0112350_22403722.jpgd0112350_22412858.jpg

d0112350_22474153.jpg











「自然への畏敬」の念を
忘れずにいたいと思います。


d0112350_2351364.jpgd0112350_23523043.jpgクロニクル
(photo:左)
「ゆいまーるかかし」
2007 
"ゆいまーる君"

(photo:右)
「ゆいまーるかかし」
2008 
"風の又三郎"
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-09-13 16:43 | 「ゆいまーる」にておもうこと

稲のまっくろくろすけ

d0112350_1149421.jpg
今年のゆいまる田でもいました。
"まっくろくろすけ"

稲穂についたまるい黒い玉。

その正体は、
「稲霊(いなだま)」ともよばれる
イナコウジ病(稲麹病)でした。

その名のとおり、
イナ「コウジ」菌。
そのルーツを辿ると、日本の食文化の歴史がみえてきます。

詳しくは...
土の会HP 2006.9 「稲霊(いなだま)」
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-09-05 13:04 | 「ゆいまーる」の生きものたち

炊き出し2

「ゆいまーる」今年度2回目の炊き出しです。

かまどで、ごはん(おむすび)と谷戸鍋を作ります
おむすびは、黒米入りです。

d0112350_110155.jpgd0112350_112302.jpg

作業のあとに、みんなでいただく谷戸ごはん。
いつも美味しい。うれしいひととき。

d0112350_1144392.jpgd0112350_1154218.jpg










 3回目はお餅つきになります。愉しみです♪
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-09-05 12:07 | 「現在」の田んぼ

9月の作業 「水抜き、畦の草刈り」


出穂後から稲刈りまで、水を減らしてゆくと稲が登熟向上してゆきます。
水路からの水の取り入れ口に土嚢を置いてふさいで、田んぼの乾燥をすすめます。

作業は、今年は田んぼに溝は掘らないので、畦の草刈りが中心に行います。

去年までは、田んぼに水の抜け道を掘るために、そこにある稲を抜きました。
もともと谷戸で湿った田んぼであることと、稲を抜くことでの稲へのダメージを
考慮して、今年は溝を掘るのをやめることになりました。

d0112350_0371776.jpg
8月の作業から3週間。
そのあいだにまた草も伸びています。
ネットをとめている
セイタカアワダチソウも
新芽が出ていました。
すごい生命力!

ネットの裾を一度上げて、畦草刈り。おわったら、セイタカの茎でネットをとめます

d0112350_0525227.jpgd0112350_0533572.jpg

d0112350_0554047.jpg
ネットの張り具合は、
田んぼに幾度に見回ります。
虫(カブトムシ)も無事かかることなく
上手に張られています。

ネットの裾から、
アライグマの侵入があったようです。
足跡がついていました。

d0112350_105038.jpg
"実るほどに頭を垂れる稲穂かな"

生育は上々です。
稲刈り予定日は、出穂からほぼ50日。
順調に育ちますように。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-09-05 11:30 | 「現在」の田んぼ

第7回目 9月の作業は、「水抜き、畦の草刈り」です


第7回目 9月の作業は、「水抜き、畦の草刈り」です

d0112350_1828327.jpg 田んぼの水を抜く作業です。
今年は、田んぼに溝は掘らないので
畦の草刈りが中心です

作業日程は、

9月5日土曜日
10時から12時です



水を減らしていくことで登熟向上していく40日間。

空気中の炭酸ガスと、根から吸収した水と太陽の光を利用してデンプンは作られます
おいしいお米になってゆくための作業です。

今年度、2回めになります「炊き出し」を作業と同時進行で行います。
かまどを焚いて、おにぎりと、舞岡公園産お野菜を使った鍋、
通称「谷戸鍋」を作ります。
お昼ごはん、お楽しみに♪

お昼ごはんのあとに、案山子をつくりたいと思います。


※「ゆいまーる」会員ではない方で、このHPをご覧になりご参加希望の方は、
  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までご連絡下さい(9月4日まで)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2009-09-02 14:27 | 田んぼの作業日程のお知らせ