ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おすすめの講演、講座のお知らせ

「ゆいまーる」主宰、ゆきんこより、
「農」や「持続可能な社会へ向けての学び」に関する
おすすめの講演、講座のお知らせです。

d0112350_9444110.gif


「生きもの語り」という言葉をご存知ですか?
2009年からの私にとってのキーワードです。

その「生きもの語り」の想いを伝えてくれたのは、
「農と自然の研究所」(福岡)というNPO。代表は、宇根豊さんです。
私は、数年前から会員になっています。

宇根さんは最近「生物多様性」について、百姓の視線から語られています。
「生物多様性」ということを、
自然のなかの一員として内側からの「情念」としてとらえるという想いは、
「生物多様性」を学術者がすらっと話すものよりも、
すっと心のなかに入ってきます。

そんな「農と自然の研究所」の活動は、期限付きで10年。
2010年の春をもって閉会をします。

東京での講演はこの3月が最後となります。
お話を聴く最後のチャンスなので、「ゆいまーる」でも紹介したいと思います。

「農と自然の研究所」解散総会・東京座
日時:3月13日(土)午後1時から5時
会場:東京ガーデンパレス(御茶の水)
記念講演は、「百姓の思想」山下惣一さん。
最後のお話は、「農と自然の未来」宇根豊さん


宇根さんの講演がラジオで放送されます。こちらもたのしみです。

3月28日(日)21時から22時(NHKラジオ第2・全国放送)
「田んぼの生きものと農業 〜身近な生きものから考える生物多様性の意味〜」


d0112350_1004286.gif


なんと!
上記の「農と自然の研究所」の解散総会と同日で、同じ最寄り駅で、
すてきな上映会があります。
映画の名前は、「こつなぎ  山を巡る百年物語」です。

土の中、根の世界を描いたドキュメンタリー「根の国」の菊池文代さんが、
企画制作された映画です。
以前、菊池さんの「いりあい村」に伺ったことがあります。
菊池さんは、物腰のやわらかな素敵な女性です。

詳しくは、映画「こつなぎ」公式ブログ をどうぞ。

日時:3月13日(土) 上映 11:00/14:00/17:00 の3回上映
会場:東京全電通ホール(御茶の水)


...ぎりぎりはしごできるかも。。と考える私です。


d0112350_10164172.gif


長野安曇野にある「シャロムヒュッテ」というペンションをご存知ですか?
シャロムは、様々なかたちで、持続可能な暮らしを示してくれる心地のよい宿です。
私がシャロムを訪れたのはもう10年くらい前になるかもしれません。
オーナーの臼井さんの生き方、お人柄もステキです。
臼井さんは私にとって間違いなく、
出逢ってよかったと思える人、すごいなあ〜と尊敬できる一人です。

そのシャロムでは、パーマカルチャー塾の実習コースが毎年開催されています。
私もその塾の卒業生のひとりです。
塾を運営する梅ちゃんから2010年度第8期のお知らせをいただきましたので、
ご紹介します。

自然とつながる、心地よい暮らしのつくり方を学びたい方、
パーマカルチャーを様々な視点からの実習を通して学びたい方、どうぞ。
一年通じてともに学ぶ人たちとのつながりも魅力です。

詳しくは、シャロムヒュッテHP内

2010安曇野パーマカルチャー塾 をご覧下さい。


私は、安曇野PC塾5期生です。補講と称して、今年はお邪魔したいと思っています。
会場となるシャンティクティには、私たちが作ったコンポストトイレがあります。
シャンティクティの屋根には棚田があるんですよ。ステキです〜。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-02-28 09:39 | 「ゆいまーる」からのお知らせ

第11回 3月の作業は、「田起こし」、炊き出し(お餅つき)です

第11回 3月の作業は、「田起こし」です

三本鍬で、
田んぼの土を細かく砕き、空気に触れさせ。
春が来たことを知らせます。

d0112350_0332948.jpg作業日程は、

3月6日土曜日
9時30分から12時です



今年度最後の作業日となります。
今回は、作業と同時進行で、「炊き出し」を行います。
かまどを焚いて、一年一度のお餅つきで締めくくりです!
舞岡公園産お野菜を使った鍋、通称「谷戸鍋」も作ります。
お昼ごはん、お楽しみに♪

「炊き出し」の関係で、いつもより30分早いスタートになります。
時間が可能な方は9時30分からどうぞ。
お気をつけて、気張らず、お越し下さい。お待ちしています。


※「ゆいまーる」会員ではない方で、このHPをご覧になりご参加希望の方は、
  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までご連絡下さい(3月3日まで)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

作業のあとの午後に、舞岡公園を散策したいと思います。(1時間程)
谷戸の景観をかたちづくる、田んぼ、雑木林、ため池...
どのように人と植物、生きものとのつながりがあるのか、
そんなお話をしながらの "谷戸あるき" です。
(舞岡公園での定例自然観察会のミニ版になります。ガイド*ゆきんこ)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-02-11 22:26 | 田んぼの作業日程のお知らせ

カブトムシの生活史

里山の雑木林を中心に暮らすカブトムシ。
私たちが田んぼの作業を通して出逢える季節は冬。

d0112350_041571.jpg
夏、成虫のカブトムシは、
クヌギなどの蜜(樹液)を吸い、
夏の終わりに、腐植土などに卵を産む。
冬は、幼虫で腐植土などの中で越冬し、
春は、蛹。
そして初夏に羽化して成虫になる。
成虫であるのは、
その生のなかで、3ヶ月ほど。


セミ、トンボ、ハチ...
私たちがしぜんに、その季節に目にする
成虫となった里山で生きる多くの昆虫たちはみな、このような生を送っている
ほんとうにわずかな時間(成虫)のために、他の多くの時間(卵、幼虫)はある。
そしてみな、食物連鎖のなかに生き、食う食われるのなかで生きている。
ひとつひとつのいのちをこうして思うと、尊いなあとつくづく思う。


d0112350_0565761.jpgカブトムシは
腐植土などで幼虫時代を過ごす。
クワガタムシは
朽ち木のなかで幼虫時代を過ごす。

人は、落ち葉などを積み
堆肥をつくり、
雑木林で切った木は
しいたけのほだ木となった後、
雑木林に積まれ、朽ちる。


人と生きもの。
お互いに必要な作業、ものが、しぜんに繋がる関係が心地よい。

今、カブトムシといえば、お店で買う。飼う。人工的な餌を与える。
それが、普通となりつつある現実。

ここでも、カエル(オタマジャクシ)をはじめ、カブトムシも、
人によってとられしまうことが危惧されている。

ひと昔、子どもの頃は、里山でクワガタ捕りをしたなんてこともあった。
けれど、今では、生きものの個体数は減り、ままならない状況があることも事実。
時代は確かに変わりつつあるのだ。ざんねんでもあることだけど。
生きものにとって、一番の天敵は人間であるともいえる現実。


舞岡公園では、「持ち込まない、持ち出さない」がルール。
カブトムシはこの山で生きている。

人と生きもの。
お互いに必要な作業、ものが、しぜんに繋がる関係が心地よい。


(追記情報)
お店で売っているカブトムシ。子どもたちが大好きな外国産のカブトムシ。
もしかしたら、この幼虫たちのなかにも「外来種」が入り込んでいるかもしれない...
さらに遺伝子の交雑の問題など。問題はとても根深い。。。

※幼虫で見分けることができます。
 (なかには、国産カブとよく似ているものもありますが、見分けができます)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-02-06 13:36 | 「ゆいまーる」の生きものたち

2月の作業「堆肥ふるい」

d0112350_22365335.jpg今年の冬は
寒かったり、暖かだったり。

ゆいまる田は、
田んぼの水が凍って、溶けて。

d0112350_06436.jpg

土の粒子は、冬のあいだに
細やかになっていきます。

d0112350_0105467.jpg
堆肥場で、ふるいにかけた堆肥を
田んぼに入れます。
堆肥は、藁や落ち葉などをねかせた、
里山のおくりもの。

d0112350_0124018.jpgふるいにかけて残った
枝などは、また木枠のなかに入れて
ねかせます。
適度に水分を加え、踏み込みます。


d0112350_016885.jpg
田んぼ一面に堆肥をまきます。
稲の藁は、2、3年後、
田んぼに還ってきました。

d0112350_018241.jpgもう少しの寒さのなかで
堆肥は雨風とともに田のなかでなじみ、
豊かな土が育まれてゆきます。


d0112350_0301728.jpg

今日の一枚。

和む風景。
影ぼうし。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-02-06 12:35 | 「現在」の田んぼ