ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010年度 田んぼコミュニティ「ゆいまーる」活動予定


2010年度年間日程のお知らせです。
作業日程のお知らせを2週間前頃にwebにアップするということをしています。
それは、今年も変わりませんが、
年間の日程や内容を、パンフレットが届かない方に向け、発信しようと思います。


*ほぼ毎月、その月の作業日のお知らせと、前月の作業の様子を、
 このwebと連動して「ゆいまーる通信」と題して、
 メールで送らせていただいています。
 「ゆいまーる通信」の配信をご希望の方は、
 その旨  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。

*このHPをみて、田んぼの作業にご参加希望の方は、
 yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。


d0112350_2103960.jpg

「ゆいまーる」は、人伝えの活動をしています。
さいしょに声をかけた方たちには、パンフレットを2通お渡している理由です。
それは、私が信頼する知人から、伝わる人ならば、私も繋がれるね、という想いから
今年もそのことを大切にしてゆきたいと思っています。
今年も、いろんなふうに「ゆいまーる君」がひろがることを愉しみにしています。


田んぼコミュニティ「ゆいまーる」 2010年度 活動予定

 4月10日(土)田起こし
 5月15日(土)代かき、畦ぬり
 5月22日(土)苗とり、田植え
 6月19日(土)田の草とり、畦の草刈り
 7月10日(土)田の草とり、畦の草刈り*炊き出し
 8月 7日(土)ネットかけ、畦の草刈り
 9月 4日(土)水ぬき、畦の草刈り*炊き出し
10月16日(土)稲刈り
10月30日(土)脱穀
2011
 2月 5日(土)堆肥ふるい
 3月12日(土)荒起こし*お餅つき


日程は、天候、稲の生育状況により、
変更する場合があります。

(最新情報は、 「田んぼの作業日程のお知らせ」 でご確認下さい)


11月23日(火・祝)は、舞岡公園の収穫祭になります。
自由参加です。


時間/10:00〜12:00
   (炊き出しの日は開始時間が9:30になります。)
集合場所/舞岡公園小谷戸の里


☆作業中、または午後の時間に、里山散策や、
 田んぼの観察会など、お愉しみ企画のある月もあります。

d0112350_216492.jpg

                        (c)ゆいまーる
「ゆいまーる」のメンバーシップ

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」
田んぼインタープリター(案内人)*ゆきんこ*
(webでは、HNにしておきます)
お問い合わせ  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp 
「ゆいまーる」HP  http://yuitanbo.exblog.jp/

“年間やります”の方 * 880円(ハチハチまーる) /全11回分
“おためし”の方 * 100円(ワンコイン)/参加ごと・1回分
 しょうがいのあるメンバー * ご相談
   (初回に“300まーる”差し上げます。お友達も誘ってね)


*“年間やります”の方には、次年度に地域通貨「まーる」を、
 “300まーる(みんなまる)” 差し上げます。

会費は、おもに通信費として使わせていただきます。

“年間やります”の方は、
ぜひ「舞岡公園ボランティア」への登録をお願いします
(登録料年間2000円)。

舞岡公園のボランティア登録をすると、
田んぼの他に、畑や、雑木林管理、自然観察など里山保全の活動に
幅広く参加、愉しむ・学ぶことができます。
毎月、舞岡公園の様子や催し等が載っているお便りが届きます。

d0112350_21145948.jpg

“年間やります”会員の方から、2009年度の感想を寄せていただきました。

d0112350_2182053.gif


1年間お米がいったいどのように育つのか?
どういう工程をふまえて育っていくのか興味があり参加させて頂きました。

しかし息子1歳弱の息子と参加させて頂いてその工程云々よりも
まずは自然の豊かさ、愛情いっぱいのゆいまーるの皆様の笑顔、
なによりも人と自然の愛情に助けられた1年でした。

ゆいマールまでの道のりは家から息子と二人では疾駆八苦の道のりですが、
舞岡公園に入るとその疲れも一気に消え、
また参加者の笑顔に迎えられるともうそこは第二のふるさとのようです。

自然とふ〜っと息が抜け、睡眠時間がほとんどない時期でも
体、細胞が喜びに溢れてきました。

子を持つと色々と制限がついてしまい行きたいところも我慢をし
電車に乗れば騒ぐ子に神経を尖らせレストランではゆっくりとお茶も飲めず。。。
と母親という素晴らしい役割にも感謝しながらも
同時にその裏の苦労も子をもち改めて実感していた一年でしたので、
ゆるーく暖かいコミュニティーに加えて頂くことで
自然と身体も心もリラックスでき、また助けていただき本当に感謝しております。


暖かい眼差しや手を使い足を使いそこに集まる人々と
人々に守られながら本来の姿で楽しむ生き物のコミュニティーの両方が
やさしく気持ちよく存在する美しく懐かしい景色の舞岡公園に感謝!

人々のコミュニティーが薄くなってしまった昨今で、
このような素敵な場所を出来るだけ沢山作りだすことで
現代人が抱えている問題のほとんどが解決されてしまうんではないかと思ったりしたのでした。

最後に
1歳ですでに農作業に参加している我が子の将来にも期待しています。
続けて参加すれば10才ですでに米作り歴10年ですものね^^)   (BM)
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-04-12 20:58 | 「ゆいまーる」年間活動日程

「ゆいまーる」4年目の春。

一年目。
なかなか時間に来ることが苦手だったり、心のいろいろがあり、
「舞岡公園に来ること」がまずステップでした。
二年目。
作業を田んぼの畦から見学。入ることには気持ちがすすみません。
三年目。
作業開始時間に来れることがふえてきました。田んぼにも入ってやってみました。

そして四年目。
畦の近くだけでなく、まんなかまで、自分からやるといい、やりとげました。

「こんなにできたよ〜」 「はいったー」 「できたー」
彼がそう、繰り返し繰り返し言うたびに、

皆が、「すごいね〜」とこたえます。


この何年かのあいだに、彼のこころのなかにはいろんなことがありました。
この「ゆいまーる」での3年間の様子は、そのまま彼のこころのなかのようでした。
そしてそんな彼にいつも寄り添うお母さんの姿がありました。

参加ができなかった度に、何度お母さんから「ごめんね」と言われたことか。。
「大丈夫、大丈夫」そうずっと応えてきました。

生きていれば、いろんなことがあります。
できたからいい、できなかったらわるいというわけではありません。
でも、ひとつ長くあった彼のこころのなかの葛藤をこえられることを信じて
この場処は、いつでも変わらずに、その気持ちに添うときめていました。
私と彼の長年の関係性で培った、
目に見えないかんじんを信じていたからこそかもしれません。


4年目の春。
田起こしをおえた彼は、いい顔をしていました。
その笑顔があれば、それだけでいい。
そんな気分になります。

繰り返し繰り返し言う(ちとくどいほどに言う (^_^) )彼に、
「すごいね〜」と応えるのは、私だけではありませんでした。
そのことが、私にとっては、この上なくうれしいことで、
感謝しきれないことです。
彼にとっても、お母さんや私だけではない、まわりにいる人たちと
共有できることがあり、みとめられ、こうして一緒に笑えることはとても大きいと思います。
そうして、私自身もまたこうした場処にいることを、必要としているのです。
それは、しょうがいがあるとかないとかに関係のないことなのです。

人の気持ちは、思いのほかまわりのたくさんの人に伝わり共感できるものなのだと思うと
その分だけなんだかあたたかな気持ちがやってきます。


これから先も、泣いたり笑ったり。
いろんなことがあるだろうけど、さいごには笑っていたい。
そのために、あるがままに、のんびり
そんなふうにあれる場処、瞬間が、この社会にたくさんあればいいと思いませんか。


写真は、畦に咲いていた花。「母子草(ハハコグサ)」   
 「まあ、お母さんとMくんの花みたいね」と、お母さん。
d0112350_2211575.jpg


3年目の春。のおはなしはコチラ→ 「積み重ねの日々に」2008.4
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-04-10 21:54 | 「ゆいまーる」にておもうこと

田起こしの生きものたち

4月。人が田んぼに集まってくる季節。
そこへ山からやってくるのはカエルたち。

毎年、さいしょに出会うカエルはシュレーゲルさん(シュレーゲルアオガエル)なのですが
今年はアマガエルさんでした。

鳴き声はきこえど、姿はみせずのカエルさんですが、
このカエルは、とてもサービスしてくれました。

d0112350_2058792.jpg
ニホン
アマガエル

アマガエル科


目のラインが
めじるしです。



三本鍬で、田んぼの土を細かく砕いているといろんな生きものに出会います。
冬のあいだ、乾いた田んぼには、
ミミズがたくさんやってきていて、いい土にしてくれています。
乾田から水田へ。
ミミズは水のなかでは生きにくい。
ミミズは畦へ。 同じくオケラも畦へ。
畦は、乾田と水田の中間のはたらきをもっています。
小川から田んぼへ水を入れながら、はやくお引っ越ししてねと思うのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーー

d0112350_21354188.jpg3時間後、
水が張られてきた田んぼには、
コサギがやって来ました。
コサギは、ミミズやカエルをたべます。

自然はたくましい。
そういうふうにできている。


これから一ヶ月。
急速に、田んぼの生きものたちの物語がはじまります。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-04-10 13:55 | 「ゆいまーる」の生きものたち

4月の作業「田起こし」

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」4年目の春です。
一年一年の積み重ね、その「ゆいまーる」で大切にしているスタンスをかえず、
それぞれ参加してくださる方のペースで
「続ける」ことの今を思います。感謝。感謝。
今年も一年、のんびりたおやかに。

d0112350_2033725.jpg4月、
田んぼに入るのは、お久しぶりです
冬、生きものたちの田んぼに
いよいよヒトも参画します

三本鍬で、
田んぼの土を細かく砕き、
空気に触れさせ
春が来たことを知らせます。
d0112350_20414344.jpg


畦には
小さな花々が咲き始めています。
畦草刈りの前に、
畦草の観察をしました。

d0112350_20453942.jpg

あたたかな水が田んぼに入るように
田んぼに水路をつくりました。
小川からの取り入れ水は、水路を通り、
太陽熱によってあたたまります。

田んぼは、乾田から水田へ
大変革の一ヶ月です。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-04-10 13:27 | 「現在」の田んぼ

4月の畦草観察

4月の作業は「田起こし」。
畦草刈りも行いますが、その前に。
畦草で、花が咲いている草を中心に観察しました。
(写真は、「土の会」webからも)

5月に入ると本格的に田んぼシーズン(繁忙期)なので、
畦草をゆっくりみることができないので、去年から4月に観察しています。
畦草は、ゆいまーるでは、今後あと2回本格的には刈る予定です。

↓オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草:ナデシコ科)  ↓ハルジオン(春紫苑:キク科)
d0112350_23234922.jpgd0112350_23241097.jpg


↓ケキネノボタン(毛狐の牡丹:キンポウゲ科)    ↓オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢:ゴマノハグサ科)
d0112350_23485762.jpgd0112350_2352193.jpg


↓ヘビイチゴ(蛇苺:バラ科)           ↓ノミノフスマ(蚤の衾:ナデシコ科)
d0112350_23584099.jpgd0112350_015417.jpg


↓タネツケバナ(種漬け花:アブラナ科)    ↓ナズナ(薺:アブラナ科)
d0112350_082870.jpgd0112350_095141.jpg


↓キュウリグサ(胡瓜草:ムラサキ科)     ↓ヨモギ(蓬:キク科)
d0112350_0201030.jpgd0112350_015952.jpg


↓ハハコグサ(母子草:キク科)         ↓オオバコ(大葉子:オオバコ科)
d0112350_0225220.jpgd0112350_0234087.jpg


この他にも未確認の畦草があります。
ヒメジョオン(姫女苑:キク科)も、花はまだですが茎が伸びてきていました。
ヨモギやナズナがある畦は、舞岡公園ではめずらしい気がします。

刈ることで、草丈がそろい、日当りが均等によくなるため、草の種類はふえるといいます。
今後とも畦草にもこころを配りながらすすめたいと思います。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2010-04-10 10:31 | 「ゆいまーる」の生きものたち