ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

第1回目 5月の作業その1は、「田起こし」です

5月7日AM7:40追記:

5月7日、本日の作業は、
雨天(予報)のため中止になりました。

今後の作業の様子については、追ってゆいまーるHPでお知らせ致します。

(次回の作業は、5月28日土曜日 代かきになります)


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆいまーるの2011年度スタートは、少し遅めのスタートになりました。
震災後、心が揺れる日々ですが、
谷戸には春が訪れ、いのちの成長を日々刻々と感じます。
そんな新緑の森に勇気づけられています。

2011年度を始めるにあたり、
みなさんの安全、そして安心を少しでも持って参加できるよう考えました。

谷戸のあたたかな陽射しとのんびりする時間のなか、
今の気持ちを持ちよりながら、ゆいまーるの作業を集えたらと思います。


2011年度 5年目の「ゆいまーる」がスタートです。
今年も田んぼは16番。一年一年の積み重ねに感謝して。

第1回目 5月の作業その1は、「田起こし」です

d0112350_15204342.jpg三本鍬を使って
田んぼの土を細かく砕き、
空気に触れさせ
春が来たことを知らせます。

作業日程は、
5月7日土曜日 
10時から12時です



苗代に、種が下ろされ、根を出し葉を出し、ぐんぐん成長しています。
桜の花びらが苗代田を彩り、
シュレーゲルアオガエルがかわいい声で鳴いています。

お気をつけて、気張らず、お越し下さい。お待ちしています。


お問い合わせ   yuima-ru_tanbo@excite.co.jp まで
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-04-29 14:44 | 田んぼの作業日程のお知らせ

舞岡公園公式ホームページができました。

舞岡公園小谷戸の里の公式ホームページができました。

すてきな写真がいっぱいのホームページです。
ぜひご覧下さい。

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」はこの田んぼで活動しています。
谷戸の生きものと一緒にある田んぼです。

舞岡公園小谷戸の里の公式ホームページ


このホームページのトップにある写真、私小さく映ってます。
(私しかわかりませんね) ウフフ♪
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-04-29 13:50 | 「ゆいまーる」からのお知らせ

私たちの一票

4月10日は、統一地方選挙があります。
神奈川県では、神奈川県知事と県議会議員を選ぶ選挙です。

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」では、
湘南地区を中心とした
選挙を「楽しく行動(投票)」してもらうことを応援するプロジェクト
「未来は僕らの手の中プロジェクト」に今回も参加させていただいています。

d0112350_20273666.gif


選挙に行って、投票証明書をもらうか、投票所前で写真を撮って、
サポートショップでサービスしてもらおう、というもの。

ゆいまーるでは、1回田んぼおためしご招待です。

未来は僕らの手の中プロジェクト
サイト内のゆいまーるのページ

ぜひご活用下さいね。

ーーーーーーーーー

この震災、原発事故を受けての選挙です。
これからをどうしたい、を1票に込めましょう。

2010の選挙のときのものですが、
様々な政策に対して、
自分の意見とどの政党がどのくらい合っているのかがわかるサイトです。
(ちゃんと原子力政策もあります)
毎日ボートマッチえらぼーと

資料として、候補者の原子力政策について気になる人へ
候補者のエネルギー政策を知りたい有権者の会

全国電力関連産業労働組合総連合会報(PDF)
(原発推進)電力総連組織で応援する候補者一覧です。

いつも、こんなに電力総連から候補者が出て政界に行くんですね...
知りませんでした。

以前の記事にも少しふれています。
3月16日「電力と権力」
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-04-07 19:48 | 「ゆいまーる」からのお知らせ

みんな生きなければならない This World is For All Life

 
d0112350_13141459.jpg


久しぶりに行った、舞岡公園は、陽射しがまぶしく輝き、
迎えた春にいっせいに芽吹いた植物たちの「動」の世界にあふれていました。
今のこの状況下にあり、なにかとても勇気づけられるような気持ちをもらいました。


「みんな生きなければならない This World is For All Life」
この言葉は、私がとても共感している記録映画のタイトルです。
作品の解説には、

人間・生物・地球の未来へのメッセージ。
鳥なく環境(さと)こそ人間にとっても生きるための絶対条件。
まちがっても、鳥の鳴かない「沈黙の春」を到来させてはならない!

...とつづられています。


原発という人災のあと、私たちの暮らしは、
放射能物質と向き合いながら暮らさなければならないという状況になりました。
野菜への汚染、水への汚染もあらわれるなかでも、
ふつふつと心に感じていたことがあります。
それは、その場所で今もなお、暮らしていくことを決めている以上には、
土(大地)とのつながりは、断ってはいけない、ということです。


田んぼでは、もうすぐ種を下ろします。
放射能物質の広がりは、長期化するかもしれません。
そのなかでも、ずっと今まで続けて来た人々の営み、
それに伴う様々な生きもののにぎわいを、私たちは断つべきではないと感じます。
実ったお米に影響が出るかもわかりません。
それを「食」する段階になったときの判断と、
そのいのちの営みを継続することは別な問題だと私は考えます。


例年より、迎えた今年度は、
田んぼコミュニティ「ゆいまーる」の活動の予定を考えてゆくことに
時間をかけています。(遅れていましてゴメンナサイ)

迎える今年は、そういう意味でも
想いの深い、田んぼの一年になるのではないかと今感じています。

人が生きてゆくなかで、土と離れることはできない。
人が生きているということは、すべての生きものも生きているということ。
人だけが特別にはならない、暮らしの在り方を思う、田んぼの一年になるでしょう。

もちろんこの状況下で判断すべきことは日々しながら、
迎えた一年を歩んでいきたいと思います。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。


             新年度によせて 
             田んぼコミュニティ「ゆいまーる」主宰 ゆきんこ

d0112350_13313166.jpg



原発事故から今まで、
得た多くの情報をみなさんとシェアし、ご自身の判断材料のひとつとなればと
この「ゆいまーる」webでアップしてきました。
多くの方々にアクセスいただき、ありがとうございます。
大きな動き(...あったらイヤだけど)があれば、またアップするかもしれませんが、
今後この「ゆいまーる」webは、通常の内容発信にしていこうと考えています。

ので、原発関連のことについては別サイト
天上の青(個人のサイト)にてアップするようにしたいと思います。
このサイトは横のリンク集にはおいていない私的なものなので、ここでは初公表です
(はずかしいので、1回限りの公表ということで)
よろしくお願い致します。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-04-01 12:58 | 「ゆいまーる」にておもうこと

情報のまとめ

今、この状況下で日々暮らしてゆく上で、
何を知り判断していこうか、今現在まである情報を今一度まとめてみたいと思います

(また、新たに関連情報があれば、ここに追記します。)


日々行動するにあたり、大切なポイントは以下のように思います。

・現在の最新の状況を正しく理解しようとすること
・現在の放射能物質の値を知り、行動を判断すること
・風向き、降雨によっても行動を判断すること
(降雨予報前の水道水を備蓄するなど)


いろいろな情報を読み解き、
国、報道の方向にとらわれず、自分で判断をしていくこと。
(個々にメディアリテラシーを高めること)

そして考え、行動すること。


日本そして世界へ ポピ族からのメッセージ(YouTube)
ホピ族の長老たちが、日本の津波や地震災害に関し、全世界にメッセージを公開。

   〜それは、地球を敬い、そのすべてのいのちを敬い、
           母なる地球の上を優しく歩くことだと。〜


今、その状況下にいる私は、それを予言だとは思いたくないけれど、
メッセージはとても理解できます。美しい地球のいのちの映像に心いやされながら...


ーーーーーーーーーーーーーーー


原発事故最新情報

原子力資料情報室:民間
原子力資料情報室のUSTREAM:最新状況の解説を随時中継

福島第一原発上空写真:OregonLive.com


NEW!首都圏土壌調査結果(2011.8.8発表)

首都圏土壌の調査結果/放射線防除プロジェクト


NEW!水産物放射性物質調査結果(2011.7.28発表)

水産物放射性物質調査結果/水産庁(ここから最新の調査結果PDFをみることができます)


日々の放射線量

横須賀原子力艦モニタリングセンター(10分おきのデータ):国
環境放射線モニタリングシステム:県(横須賀他)
ナチュラル研究所 ガイガーカウンタ:個人(日野市)

放射線テレメータ・インターネット表示局:茨城県
(福島第一原発付近のモニタリング)


全国の放射能濃度一覧
※このサイトは福島原発付近モニタリングポスト他、
情報がとても多くデータでわかりやすいです。

放射能拡散予報:ドイツ気象局
μSv(micro sievert)関東各地の放射能値の可視化


風向き
福島第一原発周辺の風向きマップ


水質について
水道水の放射性物質の検査結果について:横須賀市上下水道局
全国の水道の放射能濃度:


原子力防災

原子力防災について(「よくわかる原子力」サイト内)
生きろ日本。被災地での生活で作れるデザイン アイデアwiki:民間


個人からの発信(メディアなど)

後藤政志が語る、福島原発事故と安全性
武田邦彦(中部大学)ブログ

・現地に入っているジャーナリストや、大学教授らの報告、データをみること
田中優さん/小出裕章さん(京都大学原子炉実験所)/矢ヶ崎克馬さん(琉球大学)
藤田祐幸さん(元慶応大学)/今中哲二さん(京大原子炉実験所安全研究グループ)
岩上安身オフィシャルサイト

浅井久仁臣グラフィティ
私がメディリテラシーについて学んだお師匠のブログ。ジャーナリストです。

JANJAN Blog
市民の市民による市民のためのみんなでつくるニュースブログ
DAYS JAPANブログ

・海外から発信される情報を知ること


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

...政府発表、東電、原子力保安院、
また、テレビ(NHK含む)を中心とするメディアからの情報は入れていません。
(各テレビ局に出演している大多数の大学教授の見方も含め)

それは、私個人がこの間感じたものによります。
「ただちに健康に影響はない」という今のメディアの伝え方では、
現状の本当はみえてこないと判断するからです。

また、これらの情報は、
私自身が反原発の立場であることからなる
情報源が多いことを改めてお伝えしておきます。

みなさんもそれぞれご自分で得た情報を元にご自身でご判断ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

改めて、
被災地の方々に心からお見舞いを申し上げます。

そして、今私たちに何が出来るのかを考え、行動したいと思います。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-04-01 11:48 | 3.11関連