ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

案山子まつり2011


案山子まつり開催中です。

からかさおばけ            おむすびころりん
d0112350_23574661.jpgd0112350_23583741.jpg

とんぼ                ちょうちょ
d0112350_001318.jpgd0112350_024274.jpg

谷戸の塔               なまず
d0112350_03552.jpgd0112350_061369.jpg

かまきりりゅうじ
d0112350_045891.jpg
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-23 14:54 | 「現在」の田んぼ

木霊(こだま)


今年の案山子まつり

今年作る案山子は、自然への畏怖、
そして人と自然との繋がりを意識するものにしたいと、ずっと思っていました。

東電原発事故という、
自然に対して、取り返しのつかないことをした人間に対して、
自然はただただ受けとめるしかなく、自然はどう思っているんだろうと思うと、
怒っている、悲しんでいる、哀れんでいるだろうと、私は感じます。

けれど、自然の営みは絶えずして、その営みのなかで、
人間の生み出した毒を浄化してくれるのもまた、
多くの生きものたちであることは、まぎれない事実であり、
目にみえないような小さな生きものたちから、大きな犠牲を払わされることになるのだろうと思います。
生きものたちには、何の罪もないのに。

今、「落葉は、土は、汚れているから」という言葉をよく聞きますが、
私はその言葉を使うことに躊躇します。
「汚したのは人間だ(汚れているのは人間だ)」ということを、
決して忘れてはいけないと思います。


ということで、
今年の案山子は、「木霊(こだま)」です。
木霊は、木の精霊。

木霊を思うとき、素敵な絵本があるので、ご紹介しますね。
「森の木」川端誠 (いいサイトがみつからなかったので、アマゾンで失礼)


d0112350_2144294.jpg
さて、
いつもゆるゆるなイメージを
私から伝えられる
ゆいまーるのみなさん。

今年は、なんとも手際良く、
案山子作りが進んでゆきました。
すごい、すごい。

なんと、今日一日で完成!


d0112350_225661.jpg
竹のまわりに藁をつけて、木を。
竹で作った
丸い球(地球)のなかに、
木霊がいます。


d0112350_2210894.jpg





風に揺れると
竹の風鈴の心地良い音がします。


d0112350_22132222.jpg
木霊の口は、大きなお口。


木霊。
副題は、
「民よ、森の声を聴け」 です。



恒例のゆいまーる案山子クロニクル

2007「ゆいまーる君」
d0112350_22185413.jpg2008「風の又三郎」
d0112350_22193220.jpg

2009「だいだらぼっち」  2010「ヤマタノオロチ」
d0112350_2220343.jpgd0112350_22224459.jpg
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-11 16:30 | 「ゆいまーる」にておもうこと

田んぼのヤゴ 冬を越す


溝を掘っているときに、みつけました。
ヤゴです。
d0112350_22581024.jpg
頭が四角いので、
シオカラトンボ型のヤゴです。

シオカラトンボか
オオシオカラトンボのヤゴと
いうことになりますが、
背棘(はいきょく)があるので
オオシオカラトンボのヤゴだと思われます。
(2つの同定のポイントは、
背棘の有無)


今の時期に、ヤゴなので、これは越冬幼虫かな、と思います。

メダカの天敵はこのヤゴです。
1匹のヤゴが、一日10匹くらいのメダカを食べるそうです。
きっと、ゆいまる田では、ご飯に事欠かないことでしょう...
今年の夏は、トンボの羽化が少なかった気がするゆいまる田だったので、
少し安心しました。



d0112350_23145412.jpg
photo/2009.6

←こちらは、
シオカラトンボのヤゴ。
背棘がないのがわかります。

背棘は
お尻の部分にある突起のこと。

d0112350_23285935.jpg
←オオシオカラトンボ♂


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

d0112350_2346926.jpgさて、事件です!

ネットにザリガニが! 
しかもひっかかっている!
なぜ?

ザリガニを食べる生きもの
→ザリガニ(共食い)、カメ、
トリ(サギ、カラス?など)、
ウシガエル、アライグマ...
??? 謎です。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-11 15:57 | 「ゆいまーる」の生きものたち

稲の子「イナゴ」

9月に出会う田んぼの生きもの

d0112350_22355772.jpg
6月頃からみていた
小さなイナゴたちも、
こんなに大きくなりました。

"イナゴ、稲の葉っぱを食べる"

d0112350_22404153.jpg
アップでどうぞ。


コバネイナゴ(小翅稲子)
バッタ目イナゴ科

稲の葉を食べる。
雌は、地中に卵を産む。
卵で越冬し、春に孵化する。
年に一回発生。


イナゴは稲の子。
舞岡では害虫ではありません。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-11 14:33 | 「ゆいまーる」の生きものたち

炊き出し2


d0112350_219528.jpg今年2回目の炊き出しです。

お米の炊き具合、ばっちりでした。
ごちそうさまでした。

d0112350_2194583.jpg
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-11 12:56 | 「現在」の田んぼ

9月の作業「水抜き、畦の草刈り」


台風12号のため、延期となった作業。
9.11 という特別な日になりました。震災からも半年。


d0112350_20184595.jpg
photo/8.14

8月の作業時には、
まだ出穂していなかったゆいまる田も、
その一週間後には、
花も咲き揃い始めました。

ここから1カ月間の田んぼは、
いつも思うことですが、
驚くほど早い変化をみせます。


d0112350_2024981.jpg
この1カ月でぐんと伸びた畦草を刈ります。

子どもたちも、
この作業は2、3度目。
刈草を運ぶのが、子どもの仕事。

「仕事を覚えた」3歳コンビ。→


田んぼは水を落として、稲は、登熟向上していきます。

d0112350_2049153.jpg
今年は、
田んぼに何本か溝を掘りました。

掘った溝には、
さっそくメダカが来ていました。
この溝を辿って、
落し口から水路へと
メダカが移動してくれるのを
期待しています。


やんややんやと堆肥場で草を踏み、リヤカーひいて帰ります。
d0112350_2102499.jpgd0112350_211369.jpg


d0112350_2143035.jpg
草もきれいに刈れました。

来月はいよいよ 
稲刈りです。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-11 12:35 | 「現在」の田んぼ

まくびと


一昨年、ゆいまーるにも参加してくれたヨウくんが、
お仲間と素敵な活動をされています。

自分たちの住んでいるマンション「たぬき村」を、
パーマカルチャーの考え方を活かした、コミュニティガーデンを作りながら
持続可能なコミュニティにしちゃおう♪
と、いうグループです。

HPも素敵なので、ぜひご覧下さい。

パーマカルチャー世田谷 まくびと
http://www.makubito.com/


「にじのたね」も、「まくびと」も。
地元で、自分たちのできることから。私も、がんばろーと元気がでます。

じつは、私も来年度から始めようと思っていることがあり、わくわくしています。
(また追って、ココでもお知らせさせて下さい)


P.S  まくびとのヨウくん、同い年なんだと気づきました。びっくり。
[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-10 19:32 | 「ゆいまーる」からのお知らせ

9月3日の作業は延期になります

9月3日AM7:00

9月3日の作業「水抜き、畦の草刈り」は、
台風12号の影響を考え、延期になりました。


今後の予定は追ってお知らせ致します。

ーーーーーーーーーーーー

「水抜き、畦の草刈り」は、

9月11日日曜日 10:00〜12:00 です。
炊き出しも行います。

[PR]
by yuima-ru_tanbo | 2011-09-03 07:30 | 田んぼの作業日程のお知らせ