ゆいまーる

yuitanbo.exblog.jp
ブログトップ

2017年度 田んぼコミュニティ「ゆいまーる」活動予定

久々のブログ更新になります。
田んぼコミュニティ「ゆいまーる」は、のんびりと今年も田んぼ行っています。
幼児から、人生の大先輩(♪)まで、多様な世代の集う、のんびりとしたコミュニティです。

2017年度年間日程のお知らせです。

2017年も、不耕田(冬みず田んぼ)で、5月スタートです。
年間の日程や内容を、パンフレットが届かない方に向け、発信しようと思います。


*ほぼ毎月、その月の作業日のお知らせと、前月の作業の様子を、
 このwebと連動して「ゆいまーる通信」と題して、
 メールで送らせていただいています。(現在、お休み中)
 「ゆいまーる通信」の配信をご希望の方は、
 その旨  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。

*このHPをみて、田んぼの作業にご参加希望の方は、
 yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。

d0112350_0301435.jpg


「ゆいまーる」は、人伝えの活動をしています。
さいしょに声をかけた方たちには、パンフレットを2通お渡している理由です。
それは、私が信頼する知人から、伝わる人ならば、私も繋がれるね、という想いから
今年もそのことを大切にしてゆきたいと思っています。
今年も、いろんなふうに「ゆいまーる君」がひろがることを愉しみにしています。


田んぼコミュニティ「ゆいまーる」 2017年度 活動予定

 5月20日(土)畦の整備、草刈り
 6月 3日(土)苗とり、田植え
 7月 1日(土)田の草とり、畦の草刈り
 7月15日(土)田の草とり、畦の草刈り
 8月 5日(土)ネットかけ①、畦の草刈り
 9月16日(土)水ぬき、畦の草刈り、ネットかけ②
10月 7日(土)稲刈り
10月21日(土)脱穀
12月 2日(土)冬季潅水、わら漉き込み

2018
 3月31日(土)お餅つき


日程は、天候、稲の生育状況により、
変更する場合があります。

(最新情報は、 「田んぼの作業日程のお知らせ」 でご確認下さい)


11月23日(木・祝)は、舞岡公園の収穫祭になります。
自由参加です。


時間/10:00〜12:00
集合場所/舞岡公園小谷戸の里



☆作業中、または午後の時間に、里山散策や、
 田んぼの観察会など、お愉しみ企画のある月もあります。

d0112350_216492.jpg

                        (c)ゆいまーる
「ゆいまーる」のメンバーシップ

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」
田んぼインタープリター(案内人)*ゆきんこ*
(webでは、HNにしておきます)
お問い合わせ  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp 
「ゆいまーる」HP  http://yuitanbo.exblog.jp/

“年間やります”の方 * 880円(ハチハチまーる) /全11回分
“おためし”の方 * 100円(ワンコイン)/参加ごと・1回分
 しょうがいのあるメンバー * ご相談
   (初回に“300まーる”差し上げます。お友達も誘ってね)


*“年間やります”の方には、次年度に地域通貨「まーる」を、
 “300まーる(みんなまる)” 差し上げます。

会費は、おもに通信費として使わせていただきます。

“年間やります”の方は、
ぜひ「舞岡公園ボランティア」への登録をお願いします
(登録料年間2000円/保険料込み)。

舞岡公園のボランティア登録をすると、
田んぼの他に、畑や、雑木林管理、自然観察など里山保全の活動に
幅広く参加、愉しむ・学ぶことができます。
毎月、舞岡公園の様子や催し等が載っているお便りが届きます。


d0112350_2314579.jpg


田んぼコミュニティ「ゆいまーる」主宰 ゆきんこから皆さまへ

d0112350_2182053.gif


2011.3.11未希有の大地震、そして東電福島第一原発の人災事故以降、
田んぼの作業、そして自然のなかで過ごすということが、
"気持ちの良いこと"だけではない思いがつきまとうようになりました。
ゆいまーるに集う皆さんのなかでも、考え方、向き合い方は様々かと思います。

「ゆいまーる」を主宰するにあたり、
この横浜という土地では、空間線量等可視化していくことで、
田んぼを行うことは、
谷戸の生態系を守る観点からも行うべき、行えると判断しています。
と同時に、2011年度と同様に、
この現実と、緊張感を持続しながら、作業を行ってゆこうと思っています。

その場所で今もなお、暮らしていくことを決めている以上には、
土(大地)とのつながりは、断ってはいけない、ということです。
この自然との繋がり、営みは続けなければいけないと、直感的にも感じています。

今、この現実を通して、どんな未来をつくっていったらよいのでしょうか。
大人たちが考え、行動しする時です。
「ゆいまーる」の活動のなかで、
自然との繋がりを通して、みえてくるものを大切にしたいと思います。


11年目を迎える「ゆいまーる」は、耕さない田んぼ「不耕田」で6年目になります。
たくさんの生きものがにぎわい、稲も元気に育つ、そんな田んぼを目指します。
不耕田は、より自然観を研ぎすますことのできる田んぼです。
私たちの未来に対し、
じっくり考え続けることが、一番大切なことなのではないかと思います。

「ゆいまーる」に集う皆さまと、
思いを持ち寄る一年にできれば嬉しいです。

d0112350_2304945.jpg

[PR]
# by yuima-ru_tanbo | 2017-05-20 07:03 | 田んぼの作業日程のお知らせ

2016年度 田んぼコミュニティ「ゆいまーる」活動予定

久々のブログ更新になります。
田んぼコミュニティ「ゆいまーる」は、のんびりと今年も田んぼ行っています。
幼児から、人生の大先輩(♪)まで、多様な世代の集う、のんびりとしたコミュニティです。

2016年度年間日程のお知らせです。

2016年も、不耕田(冬みず田んぼ)で、5月スタートです。
年間の日程や内容を、パンフレットが届かない方に向け、発信しようと思います。


*ほぼ毎月、その月の作業日のお知らせと、前月の作業の様子を、
 このwebと連動して「ゆいまーる通信」と題して、
 メールで送らせていただいています。(現在、お休み中)
 「ゆいまーる通信」の配信をご希望の方は、
 その旨  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。

*このHPをみて、田んぼの作業にご参加希望の方は、
 yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。

d0112350_0301435.jpg


「ゆいまーる」は、人伝えの活動をしています。
さいしょに声をかけた方たちには、パンフレットを2通お渡している理由です。
それは、私が信頼する知人から、伝わる人ならば、私も繋がれるね、という想いから
今年もそのことを大切にしてゆきたいと思っています。
今年も、いろんなふうに「ゆいまーる君」がひろがることを愉しみにしています。


田んぼコミュニティ「ゆいまーる」 2016年度 活動予定

 5月14日(土)畦の整備、草刈り
 6月 4日(土)苗とり、田植え
 7月 2日(土)田の草とり、畦の草刈り
 7月16日(土)田の草とり、畦の草刈り
 8月 6日(土)ネットかけ①、畦の草刈り
 9月 3日(土)水ぬき、畦の草刈り、ネットかけ②
10月15日(土)稲刈り
10月29日(土)脱穀
12月 3日(土)冬季潅水、わら漉き込み

2017
 3月25日(土)お餅つき


日程は、天候、稲の生育状況により、
変更する場合があります。

(最新情報は、 「田んぼの作業日程のお知らせ」 でご確認下さい)


11月23日(水・祝)は、舞岡公園の収穫祭になります。
自由参加です。


時間/10:00〜12:00
集合場所/舞岡公園小谷戸の里



☆作業中、または午後の時間に、里山散策や、
 田んぼの観察会など、お愉しみ企画のある月もあります。

d0112350_216492.jpg

                        (c)ゆいまーる
「ゆいまーる」のメンバーシップ

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」
田んぼインタープリター(案内人)*ゆきんこ*
(webでは、HNにしておきます)
お問い合わせ  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp 
「ゆいまーる」HP  http://yuitanbo.exblog.jp/

“年間やります”の方 * 880円(ハチハチまーる) /全11回分
“おためし”の方 * 100円(ワンコイン)/参加ごと・1回分
 しょうがいのあるメンバー * ご相談
   (初回に“300まーる”差し上げます。お友達も誘ってね)


*“年間やります”の方には、次年度に地域通貨「まーる」を、
 “300まーる(みんなまる)” 差し上げます。

会費は、おもに通信費として使わせていただきます。

“年間やります”の方は、
ぜひ「舞岡公園ボランティア」への登録をお願いします
(登録料年間2000円/保険料込み)。

舞岡公園のボランティア登録をすると、
田んぼの他に、畑や、雑木林管理、自然観察など里山保全の活動に
幅広く参加、愉しむ・学ぶことができます。
毎月、舞岡公園の様子や催し等が載っているお便りが届きます。


d0112350_2314579.jpg


田んぼコミュニティ「ゆいまーる」主宰 ゆきんこから皆さまへ

d0112350_2182053.gif


2011.3.11未希有の大地震、そして東電福島第一原発の人災事故以降、
田んぼの作業、そして自然のなかで過ごすということが、
"気持ちの良いこと"だけではない思いがつきまとうようになりました。
ゆいまーるに集う皆さんのなかでも、考え方、向き合い方は様々かと思います。

「ゆいまーる」を主宰するにあたり、
この横浜という土地では、空間線量等可視化していくことで、
田んぼを行うことは、
谷戸の生態系を守る観点からも行うべき、行えると判断しています。
と同時に、2011年度と同様に、
この現実と、緊張感を持続しながら、作業を行ってゆこうと思っています。

その場所で今もなお、暮らしていくことを決めている以上には、
土(大地)とのつながりは、断ってはいけない、ということです。
この自然との繋がり、営みは続けなければいけないと、直感的にも感じています。

今、この現実を通して、どんな未来をつくっていったらよいのでしょうか。
大人たちが考え、行動しする時です。
「ゆいまーる」の活動のなかで、
自然との繋がりを通して、みえてくるものを大切にしたいと思います。


10年目を迎える「ゆいまーる」は、耕さない田んぼ「不耕田」で5年目になります。
たくさんの生きものがにぎわい、稲も元気に育つ、そんな田んぼを目指します。
不耕田は、より自然観を研ぎすますことのできる田んぼです。
私たちの未来に対し、
じっくり考え続けることが、一番大切なことなのではないかと思います。

「ゆいまーる」に集う皆さまと、
思いを持ち寄る一年にできれば嬉しいです。

d0112350_2304945.jpg

[PR]
# by yuima-ru_tanbo | 2016-05-11 21:26 | 「ゆいまーる」年間活動日程

2015年度 田んぼコミュニティ「ゆいまーる」活動予定

久々のブログ更新になります。
田んぼコミュニティ「ゆいまーる」は、のんびりと今年も田んぼ行っています。
幼児から、人生の大先輩(♪)まで、多様な世代の集う、のんびりとしたコミュニティです。

2015年度年間日程のお知らせです。

2015年も、不耕田(冬みず田んぼ)で、5月スタートです。
年間の日程や内容を、パンフレットが届かない方に向け、発信しようと思います。


*ほぼ毎月、その月の作業日のお知らせと、前月の作業の様子を、
 このwebと連動して「ゆいまーる通信」と題して、
 メールで送らせていただいています。(現在、お休み中)
 「ゆいまーる通信」の配信をご希望の方は、
 その旨  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。

*このHPをみて、田んぼの作業にご参加希望の方は、
 yuima-ru_tanbo@excite.co.jp までお知らせください。

d0112350_0301435.jpg


「ゆいまーる」は、人伝えの活動をしています。
さいしょに声をかけた方たちには、パンフレットを2通お渡している理由です。
それは、私が信頼する知人から、伝わる人ならば、私も繋がれるね、という想いから
今年もそのことを大切にしてゆきたいと思っています。
今年も、いろんなふうに「ゆいまーる君」がひろがることを愉しみにしています。


田んぼコミュニティ「ゆいまーる」 2015年度 活動予定

 5月16日(土)畦の整備、草刈り
 6月 6日(土)苗とり、田植え
 7月 4日(土)田の草とり、畦の草刈り
 7月18日(土)田の草とり、畦の草刈り
 8月 1日(土)ネットかけ、畦の草刈り
 9月 5日(土)水ぬき、畦の草刈り
10月17日(土)稲刈り
10月31日(土)脱穀
12月 5日(土)冬季潅水、わら漉き込み
2016
 2月20日(土)畦、水路の補修
 3月26日(土)お餅つき


日程は、天候、稲の生育状況により、
変更する場合があります。

(最新情報は、 「田んぼの作業日程のお知らせ」 でご確認下さい)


11月23日(月・祝)は、舞岡公園の収穫祭になります。
自由参加です。


時間/10:00〜12:00
集合場所/舞岡公園小谷戸の里



☆作業中、または午後の時間に、里山散策や、
 田んぼの観察会など、お愉しみ企画のある月もあります。

d0112350_216492.jpg

                        (c)ゆいまーる
「ゆいまーる」のメンバーシップ

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」
田んぼインタープリター(案内人)*ゆきんこ*
(webでは、HNにしておきます)
お問い合わせ  yuima-ru_tanbo@excite.co.jp 
「ゆいまーる」HP  http://yuitanbo.exblog.jp/

“年間やります”の方 * 880円(ハチハチまーる) /全11回分
“おためし”の方 * 100円(ワンコイン)/参加ごと・1回分
 しょうがいのあるメンバー * ご相談
   (初回に“300まーる”差し上げます。お友達も誘ってね)


*“年間やります”の方には、次年度に地域通貨「まーる」を、
 “300まーる(みんなまる)” 差し上げます。

会費は、おもに通信費として使わせていただきます。

“年間やります”の方は、
ぜひ「舞岡公園ボランティア」への登録をお願いします
(登録料年間2000円/保険料込み)。

舞岡公園のボランティア登録をすると、
田んぼの他に、畑や、雑木林管理、自然観察など里山保全の活動に
幅広く参加、愉しむ・学ぶことができます。
毎月、舞岡公園の様子や催し等が載っているお便りが届きます。


d0112350_2314579.jpg


田んぼコミュニティ「ゆいまーる」主宰 ゆきんこから皆さまへ

d0112350_2182053.gif


2011.3.11未希有の大地震、そして東電福島第一原発の人災事故以降、
田んぼの作業、そして自然のなかで過ごすということが、
"気持ちの良いこと"だけではない思いがつきまとうようになりました。
ゆいまーるに集う皆さんのなかでも、考え方、向き合い方は様々かと思います。

「ゆいまーる」を主宰するにあたり、
この横浜という土地では、空間線量等可視化していくことで、
田んぼを行うことは、
谷戸の生態系を守る観点からも行うべき、行えると判断しています。
と同時に、2011年度と同様に、
この現実と、緊張感を持続しながら、作業を行ってゆこうと思っています。

その場所で今もなお、暮らしていくことを決めている以上には、
土(大地)とのつながりは、断ってはいけない、ということです。
この自然との繋がり、営みは続けなければいけないと、直感的にも感じています。

今、この現実を通して、どんな未来をつくっていったらよいのでしょうか。
大人たちが考え、行動しする時です。
「ゆいまーる」の活動のなかで、
自然との繋がりを通して、みえてくるものを大切にしたいと思います。


9年目を迎える「ゆいまーる」は、耕さない田んぼ「不耕田」で4年目になります。
たくさんの生きものがにぎわい、稲も元気に育つ、そんな田んぼを目指します。
不耕田は、より自然観を研ぎすますことのできる田んぼです。
私たちの未来に対し、
じっくり考え続けることが、一番大切なことなのではないかと思います。

「ゆいまーる」に集う皆さまと、
思いを持ち寄る一年にできれば嬉しいです。

d0112350_2304945.jpg

[PR]
# by yuima-ru_tanbo | 2015-05-01 22:45 | 「ゆいまーる」年間活動日程

未来は僕らの手の中プロジェクト~選挙行こうぜ!~2013参院選

ごぶさたの更新です。

来たる7月21日(日)は、参議院選挙ですね。

田んぼコミュニティ「ゆいまーる」は、
湘南地域を中心とした、
「未来は僕らの手の中プロジェクト~選挙行こうぜ!~」のサポートショップに長年なっています。
投票所で、「投票証明書」をもらうと、
さまざまなサポートショップでのおたのしみをゲットできます。

今回の選挙は、原発問題、憲法改正、TPPと大きな問題を国民がジャッジする選挙です。

めんどくさいから、一票入れても何も変わらないから...
選挙の印象はあると思います。
私も、選挙権を持ってから、選挙に行くようになったのも30代になってからです。

自然のなか、そして田んぼにいると、
原発や、TPPのこれからに、とても危惧感を抱いています。
人は、自然を、自然からの恵みをないがしろにして生きてゆくことはできません。
もしかしたら、
大地から切り離された生活を過ごしていると、気づきにくい感覚かもしれません。

ぜひ、まずこの国の数々の政策について、自分なりの方向性を確認し、
毎日新聞ボートマッチ「えらぼーと」(便利でおすすめ)
選挙に行ってください。

投票証明書をもらって、ゆいまーるの田んぼに来てください。
(投票証明書提示で、ゆいまーる1回分ご招待です)
きっと、あしもとから大切なものが、伝わってくると思います。

「未来は僕らの手の中プロジェクト~選挙行こうぜ!~」

d0112350_7594673.jpg

[PR]
# by yuima-ru_tanbo | 2013-07-18 07:48 | 「ゆいまーる」にておもうこと

田んぼとカエル〜ふゆみずたんぼ〜の巻

舞岡公園の「舞の里だより」215号(4月中旬発行)の
「生きもの語り 第37回」を書きました。 

「ゆいまーる」の田んぼ、不耕田のはじめての冬。ふゆみずたんぼのおはなしです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第37回 「田んぼとカエル 〜ふゆみずたんぼ〜の巻」

〜草虫暦〜(二十四節気・七十二候)
穀雨 田畑に優しい春の雨が降り、葦の芽が顔を出す頃

今年はじめて担当することになった田んぼは、不耕田といって、稲刈り後に耕さない田んぼです。
冬は、水を張ることにしました(冬期湛水)。「ふゆみずたんぼ」と呼ばれる田んぼです。
冬も水をたたえることで、水生の生きものにも優しい田んぼをめざしています
(舞岡の田んぼは、谷戸田なこともあり、冬場水を抜いても完全には乾きません。
冬越しの生きものたちは、湿った土の中で過ごしています)。
冬の間中、湛水していることもあって、水が抜けていないかと田廻り多くしたのですが、
これが抜ける抜ける…
はじめての田んぼで、田廻りをすることで、水が抜けやすい場所など、
その田の「くせ」がわかってきたところで、もう春はすぐそこまで来ていました。
“田んぼに足音を聴かせるのも仕事だ”、昔のお百姓さんの言葉は趣深いです。
水が入ると、すぐに水のなかをクルクル泳ぎ回るミズスマシの仲間(と思われます)がいたりして、
その反応のはやさに、いつもながらに驚きます。
d0112350_1775260.jpg

あるカエルの話を聞いたことがあります。
それは、自分の生まれた田んぼにカエルは卵をうみにやってきて、
その年そこがもう水がない田んぼ(=田んぼをやめた)であったら、カエルは卵をうむのをやめて山に帰りまた一年待つ。そして翌年にまたその田んぼにやって来るというのです。
その年も水がなければまた山に帰るというのです。カエルの寿命を考えると、本当に一大事です。
d0112350_179321.jpg

自分の生まれた田んぼに戻って来る、そして何年も卵をうまずに山に帰るというのは、
受け継ぐであろう命とひきかえになるわけで、にわかに信じ難い気もしますが、
生きものと、田んぼ(人の営み)は共同体なのだと感じます。
繰り返し繰り返しある人の営みの先にある奥深さを感じます。
そして、そうして広がる物語が在ることがあたたかな気持ちになります。
今年も舞岡公園の田植えの季節がやってきます。
カエルに此処はいつも在るよと、安心していてほしいですね。もうカエルの声も聴こえ始めました。
d0112350_1794650.jpg

…もうすぐ春かというまだ寒い時期に、田んぼに卵をうみにやってくるカエルもいます。
今年は、いい時期に水が抜けてしまっていて、ざんねんの我が田んぼでした。
来冬こそは、水をずっとたたえる「ふゆみずたんぼ」に。
そして、この田んぼ生まれではなくても、イイね!と思って、気まぐれカエルがやってきてくれる日がくるといいなと思っています。
[PR]
# by yuima-ru_tanbo | 2013-05-13 01:07 | 「ゆいまーる」にておもうこと